きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

JALプライベートリゾートオクマの周辺に飲食店がない⁉︎安心してください、ありますよ。

スポンサーリンク

フォローする

沖縄の一番北部にあるリゾートホテル、オクマプライベートビーチ&リゾート(旧:JALプライベートリゾート オクマ)。


広大な敷地に点在するコテージが、よりリゾート感を出している、素晴らしいホテルです。

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

青い海、青い空、真っ白な雲、沖縄は誰もが魅了される場所ですよね。

オクマは景色もいいですが、食事も最高に美味しいです。

でも、行く前にオクマの情報を集めていると、不安になるのが、

  • ネットで、オクマ周辺には飲食店がないと書かれている。
  • ガイドブックで、飲食店の掲載が極端に少ない。

では、ないでしょうか?

でも、安心してください。
この記事を読んでいただければ、そんな不安はなくなります。

僕は行くたびに、どこのお店に行って、何を食べようか迷っています。
オクマホテルのレストランもいいですが、周辺にある地元の飲食店で食べるのもいいですよ。

JALプライベートリゾート オクマ周辺の飲食店〜・沖縄シリーズ18・〜」でも、オクマ周辺の食事場所の話をしていますが、今回は過去行った場所も含め、より多くの飲食店のお話しをしていきます。


オクマ周辺には、美味しい料理を出してくれるお店がたくさんあります。

オクマ周辺にお店がない?そんなことはありえない!

検索をして、この記事にたどり着いたほとんどの方が、沖縄料理や泊数が多いからホテル以外で食事を楽しみたいと考えてるのではと思います。

他の方が書いているブログや口コミなどを見ると、
「オクマには何もない」
と書かれているものが多いです。

正直、初めてオクマに行く方が読んだら、
「え⁉︎マジ⁉︎」
です。
僕がそうでした。

でも、
「何もない」
なんて普通に考えれば、ありえないです。

だって、山奥にポツンとあるホテルではないです。
だから、「那覇市内と比べたらないに等しい」なら分かります。

美味しくて手頃な値段のお店がありますし、もちろんホテルでのご飯もオススメです。まずは、ホテルでの食事から話します。

オクマ プライベートビーチ&リゾート内で食事

オクマ プライベートビーチ&リゾート(旧:JALプライベートリゾート オクマ)で食事をするなら、以下になると思います。

サーフサイド・カフェ

洋食のお店です。
僕は夕食に、一度だけ利用したことがあります。
何度もオクマに滞在していますが、一度のみの利用です。

一度しか利用していない理由は、コース料理なのと単品で注文できるものも多くありますが、値段が高いからですね。

個人的には、子供がいる家族連れにおすすめできないです。
小さい子供向けではないと、僕は思っていますですが、何かの記念日等で利用するのはいいと思います。

夜は子供連れにおすすめしませんが、朝食と昼食はビュッフェになるので子供を連れて何度も利用したことあります。

上の写真は、朝食ビュッフェのものになります。

朝食時に、シェフが目の前で焼いてくれるオムレツや、おばぁが目の前で焼いてくれるヒラヤーチーなどがあります。

その他にも、沖縄料理が豊富に用意されているので、楽しめる食事内容となっています。

スポンサーリンク

おかめ

沖縄家庭料理の居酒屋です。

過去に一度だけ利用したことあります。
一品料理なので、値段は500円ぐらいの料理が多いです。

ただし、大人だけなら十分だと思いますが子供連れだと少々厳しいと思います。
メニューが子供が好んで食べるようなもの少ないです。

個人的には好きですが、子供が食べれるものが少ないのはNGなので、一度だけの利用ですね。

ビーチカフェ OASIS

ハンバーガーやタコライス等が手軽に食べれるお店で、オクマビーチで遊んでいると、何かとお世話になることが多いです。

店内席、テラス席両方から、綺麗なオクマビーチを見ることができます。

ここにはキッズスペースがあります。
子供が食べ終わったあとに、遊ばせることができるので、親がゆっくりと食事をすることもできます。

オクマホテル内レストランで、唯一キッズスペースがある
天井の高い開放感あるキッズスペースで、写真には写っていませんが、おもちゃなども用意されていました。

また、キッズスペース横にオムツ交換があります。(下記写真)

赤ちゃん用おむつ交換台綺麗な海が目の前に広がっているので、普段子供中心となってしまいがちなお父さんとお母さんには、久しぶりにデート気分が味わえるのではないかと思います。

実際に、僕たち夫婦がそうでした。
普段、ゆっくりときれいな海を見ながら食事なんて、なかなか機会がありません。
短い時間でも十分に楽しめました。

ビーチカフェ店内からみる、オクマビーチ

どの年齢層でも目の前に広がる「白い砂浜、青い海、真っ青な空」を見ながら食事をすれば、穏やかな時間が過ごせるはずです。

一点注意があります。
海に入った後も利用することができますが、店内で食べる場合は上着があったほうがいいかもしれません。
クーラーが結構効いているので、寒く感じます。

スポンサーリンク

いじゅ

ビュッフェのお店です。
ここはオクマに行ったら必ず一度は利用します。
何故かと言うと、ビュッフェが好きだからですね。

たくさんの種類を少しずつ食べれるから、ビュッフェって好きなです。
沖縄料理も豊富ですので、ホテルから移動して食べるのは嫌だけど、沖縄料理を楽しみたいって方にはいいと思います。

やんばる市場ビュッフェと名付けてるので、沖縄料理は豊富です。

ビーチサイド

南国の雰囲気たっぷりのビーチサイドの外観

バーベキューを楽しめるお店です。

バーベキューも美味しいですが、何よりもロケーションが最高です。
お店の場所が砂浜沿いにあります。

夕暮れの時間よりも少しだけ早めに席に着くと、晴れた日ならきれいな夕日を見ながら食事ができます。

気をつけないといけないのが、店内奥側の席だと見えません。
手前もしくはテラス席がいいですね。
事前に「夕日の見える席」を予約しておくといいと思います。

ただし、テラス席は真夏だと暑いです。
座って見たいなら我慢してテラス席、少し見れればいいなら店内席がおすすめです。

僕はテラス席がよかったですが、家族が嫌がるので店内席にしています。
少し席を離れはしますが、十分に堪能できます。

下の写真はH27年に撮影したものですが、夕日が凄く綺麗でした。

ビーチサイドから見る、ヤシの木と夕日

ビーチサイドから見る、雲とと夕日

地元のお店で食事

オクマ プライベートビーチ&リゾート(旧:JALプライベートリゾート オクマ)近くのお店で食べるのもいいですよ。

地元の方と仲良くなれることもあって、おすすめできます。
とにかく楽しい!
そして、安くて美味しいお店が沢山あります‼︎

パーラー三角

オクマから車で5分ぐらいの場所にあります。

僕の住む横浜でパーラーと聞くと、フルーツを使用したパフェなどを想像してしまいます。
でも、沖縄のパーラーは違って、軽食って感じのお店になります。

こちらのパーラー三角は有名です。
三角形の土地にあるから三角って名前らしいですが、オクマに行ったら、ぜひ行くことをおすすめします。

初めて行くと、
「ここ?」
って思うかもしれません。

パーラー三角に行く時は、車ではなくオクマで自転車をレンタルして行くことをオススメします。

海風を浴びながら乗る自転車は、ハンパなく気持ちいいです。
ですので、絶対に自転車です。
もしくは徒歩(少し遠いです)。
車で行くなんてもったいないです。

パーラー三角のメニューは、軽食なので多くはないです。
個人的には昼食に利用するのがいいと思います。
ですが、安くてボリュームもあるので満足できます。
どれも500円でお釣りがきますよ。

僕はチキンバーガーがオススメです。
かなりバンズからはみ出してるチキンカツが、ボリュームもあり美味しいです。

食べるのはお店の前でもオクマに戻ってもいいですが、少しオクマ寄りの脇道入り、海岸に向かって行くと、素晴らしい景色が広がってます。

下の写真は、その場所で撮ったものです。
こんなに綺麗で素晴らしい景色を見ながら食べれるのって、最高に贅沢だと思います。
観光客が来ない場所なので、とても静かです。

ただし、ハブクラゲの出る場所なので遊泳はやめたほうがいいです。

https://www.instagram.com/p/BIwXD7sA8Ae/

『想いを叶えて』〜沖縄県国頭郡〜 #ファインダー越しの私の世界 #写真撮ってる人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #lovers_nippon #lovers_nippon_artistic #tokyocameraclub #team_jp_西 #沖縄 #沖縄フォト祭り #team_lovers_夏色2016

https://www.instagram.com/p/BI3ZcBgAP9j/

『The secret place where the tourist does not come to』〜沖縄県国頭郡〜 #ファインダー越しの私の世界 #写真撮ってる人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #lovers_nippon #lovers_nippon_artistic #tokyocameraclub #team_jp_西 #沖縄 #沖縄フォト祭り #team_lovers_夏色2016 #オクマ


ビストロ海畑(うみばる)

オクマから車で7分ぐらいの場所にあります。
「海畑」と書いて、「うみばる」と読みます。

沖縄料理とイタリアンのお店で、行く時は予約をしたほうがいいです。
一度だけ予約しないで行ったら、満席だったことがありました。

店内は凄くきれいで、毎回行く度に地元の方が盛り上がっています。
これが楽しくて行ってしまいます。

料理は色々なメニューがあり、沖縄料理も豊富に揃っています。
値段は500〜600円ぐらいがほとんどで、700円ぐらいのものが数品あるぐらいです。

シーサーズ

オクマから車で5分ぐらいにあります。
名前が沖縄らしくて好きなお店です。

辺戸岬と国頭村役場の標識が目印で、標識の真横にある白い建物がシーサーズになります。
看板に大きく「シーサーズ」と書いてあるので、すぐに分かると思います。
店舗入口の白い屋根にシーサーが鎮座してます。

中に入ると広さがあります。
メニューは種類が多くあり、値段は500円前後のものが多く、安くておいし料理が食べれます。

ここも地元の方が多く、賑わっていました。
店員さんも、凄く感じが良かったです。

おすすめは、餃子です。
とても美味しかったですね。

スポンサーリンク

鮨 はなぜん

オクマから車で6分ぐらいの場所にあるお寿司屋さん。

オクマで寿司を食べるなら、はなぜんですね。
っと言っても、ここしか寿司屋さんに行ったことないです。

でも、美味しいし、値段も安いです。
普段回転寿司ぐらいにしか行かないので、最初は「高そうだな〜」と思ってしまったのですが、全然そんなことありませんでした。

寿司屋の娘である妻が「美味しい」「ネタの大きさが丁度良くて、シャリも美味しい」とのこと。

寿司だけでなく、ゴーヤチャンプルーや豚足など、横浜の寿司屋さんにはないメニューもありよかったです。

大将が強面(ごめんなさい)ですが、気のいい人でした。

店内のメニューのほとんどが、テイクアウトできます。

僕は何回かテイクアウトをしたことがありますが、お店で注文をすると量によってはかなり待ちます。
電話で注文をしてから受け取りに行くといいです。

おすすめは、寿司とゴーヤチャンプルー、焼き魚ですね。

やまかわ軒

オクマから5分ぐらいにあります。
店舗の見た目も店名も完全に中華料理屋なのに、中華だけではないです。
ステーキがあったよーな記憶があります。

中華メニュー以外もありますが、ぜひ醤油ラーメンと餃子を食べていただきたいです。
本当に美味しいんですよ〜。
「これが醤油ラーメンだな」
って感じのラーメンです。

値段はラーメン500円、餃子6個で350円。
安くないですか?

オクマに行ったら一度は訪れるべきかと、僕が思ってるお店です。
ホテルから徒歩(20分くらい)でも行ける距離ですが、夜道は暗いので要注意です。

ひまわり食堂

オクマから徒歩5分の場所にある、オクマホテルの近くにある飲食店です。
創業年は分かりませんが、むか〜しからあるお店なんだと思います。

ひまわり食堂を知ったのは、ホテルスタッフからのオススメでした。
初めて行った時はお店なのか、そもそも営業しているのかも分からなかったです。

ドアを開けたら、フツ〜にお客さんがいて安心しましたね。
店内に灯りがついてたから、やってるのは分かるんですけど、初めてだと不安になるたたずまいのお店です。
飲食店と言うよりも、民家にしか見えないのが不安になります。

ひまわり食堂で頼むものは「牛肉そば」もしくは「ソーキそば」がいいと思います。
女性は小サイズでちょうどいいと思います。

凄いボリューミーなんです。
ソーキそばに乗ってる肉なんて「ステーキですか?」ってぐらいのブロックが乗ってます。

近い、美味しい、安い、の三拍子、そしてボリューム満点。
オススメです。

スポンサーリンク

とっくり屋

オクマから徒歩5分の場所にあり、オクマから一番近い居酒屋です。

値段は安いし、ボリュームもあって美味しい。
地元の方が多いのと、トップシーズンだとオクマの宿泊客でかなり混みます。

オクマから歩いていける距離なので、宿泊客が行きやすいってのもあるので、予約をしてから行った方がいいです。

地元の方たちが多いので、賑わっていますが凄く楽しいです。

沖縄料理だけでも15種類ぐらいあるので十分に満足できますし、子供でも食べれるものが多いのでいい感じです。

タコスボールなるものがあって、行くと必ず注文しますね。

まとめ

今回はオクマ プライベートビーチ&リゾート(旧:JALプライベートリゾート オクマ)で食事ができる場所を紹介しました。

この他にも行ったことがある地元のお店では、道の駅 ゆいゆい国頭内にある「レストランくいな」、ステーキの美味しい「レストラン浜風」、デカ盛定食のある「波止場食堂」、定食が豊富な「やまびこ」。

ホテル内にも行ったことはありませんが、鉄板焼きの「阿檀」もあります。

地元のお店だと、まだまだ行ったことのない所がたくさんあります。
冒頭でもお話ししましたが『お店がない』なんってことはありません。

ただ、今回紹介したところは、昼と夜に行くのがメインのお店になります。
朝早くからは開店していないので、朝食はホテル内での食事が多くなると思います。

僕は、朝食付きの宿泊プランで行きますが、素泊まりプランで近くのコンビニで朝食を済ませてしまってもいいのではないかとも思います。

昼や夜に、コンビニや道の駅で沖縄にしかないものを購入して、それを食べるのもアリだと思います。
そんなのも十分に楽しいですよ。

最後に注意があります。
台風が来ると、地元のお店は閉まっていることがあります。
ビーチサイドやOASISも閉まってる場合もあります。

そうなると「サーフサイド・カフェ」や「いじゅ」に集中しますので、事前に予約をしておくことを強くオススメします。

もしくは雨風が強くならないうちに、コンビニで買っておいたほうがいいです。
沖縄限定のカップラーメンなんかも、おいしいので十分楽しめます。

では、また〜。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が、あなたのお役に立てれたらうれしいです。