きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

知っておきたい!JALプライベートリゾートオクマ、部屋のタイプ別活用法。おすすめの部屋はコレだ!

スポンサーリンク

フォローする

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
今回は沖縄県の北部にあるオクマプライベートビーチ&リゾート(旧名:JALプライベートリゾートオクマ)の各部屋の特徴について紹介します。

オクマホテルは、広大な敷地内にコテージが点在しているタイプのホテルになります。
各部屋のタイプと、リゾートでの楽しみかたで選んだほうがいい部屋のタイプが変わってきます。

今回はオクマにある各部屋を比較しますので、参考にしていただけたらうれしいです。
 

 

部屋のタイプ。

オクマホテルは、広大な敷地内に宿泊する部屋が点在しているタイプのホテルです。
部屋は4種類のタイプが用意されています。
・パームコテージ
・メインコテージ
・ガーデンヴィラ
・グランドコテージ
この4種類に愛犬と泊まれるタイプのガーデンヴィラがあります。
 
今回比較するのは、グランドコテージ以外の3タイプ。
グランドコテージは、まだ1度も宿泊したことがないので外します。
いつか宿泊することがあれば、追記したいと思います。

各部屋の特徴。

パームコテージ、メインコテージ、ガーデンヴィラの特徴を話していきます。

パームコテージの特徴。

・黄色や水色の外観。
・オクマで唯一点在することなく建っている。
・2階建ての建物で、部屋の広さは29㎡。
・エレベーターはなく、階段。
・駐車場まで1分、フロント棟まで4分。
・オクマビーチまで5分。


出典:オクマプライベートビーチ&リゾート

メインコテージの特徴。


出典:オクマプライベートビーチ&リゾート

・白い外観の建物。
・3階建ての建物で、部屋の広さは48㎡。
・エレベーターあり。
・駐車場まで12分、フロント棟まで7分。
・オクマビーチまで9分。

出典:オクマプライベートビーチ&リゾート

ガーデンヴィラの特徴。

・茶色の外観の建物。
・戸建てタイプで、部屋の広さは48㎡。
・戸建てのためエレベーターなし。
・駐車場まで9分、フロント棟まで4分。
・オクマビーチまで7分。


出典:オクマプライベートビーチ&リゾート

各部屋タイプからの徒歩注意点。

主要な各施設の徒歩での所要時間を書きましたが、これに関しては公式ホームページに記載されているものになります。

正確に計ったことがないのと個人差があるのでなんとも言えませんが、メインコテージとガーデンヴィラの遠いところからですと、もう少し時間が必要かなと思います。

特にメインコテージの一番離れている棟ですと、駐車場まで12分で着くことは厳しいと思います。プラス1〜2分は必要だと思います。

また、ホテル内レストランに関してはフロント棟の近くにあるので、フロントに行く時間と変わりがほとんどありません。

ホテルライフで重視するもので決める。

オクマに宿泊する際、どのタイプにするかは何を重視するかで決めたほうがいいです。
・宿泊料金
・各施設までの距離
・リゾートの雰囲気

上記3点が重要だと僕は思っています。
特に初めて宿泊する方は、この3点を事前に知っておいたほうがいいです。

ホテルの敷地は思っている以上に広いです。
そして各コテージもタイプによって広さや雰囲気が違います。

せっかくの沖縄旅行なので、楽しみたいですよね。
特に宿泊する場所は、旅行の中での満足度を大きく変えるもので、とても重要だと思います。

では、次に上記3点について項目ごとにお話します。

オクマホテルの部屋別宿泊料金。


沖縄旅行は、どうしても旅行代が高くなりがちです。
特にトップシーズンならなおのこと。
宿泊費が安く済むなら、それに越したことはありません。

各コテージによって、金額が違います。
安い順番にすると下記のようになります。
・パームコテージ
・メインコテージ
・ガーデンヴィラ

上記の順番で値段が変わってきます。

料金は旅行する月によって違うので明記はしませんが、大体の金額の差を載せておきます。
大人2名1泊2食付きの1名分。
パームコテージを20,000円とした場合。
メインコテージは22,000円。
ガーデンヴィラは26,000円。

こんな感じでの差額になります。
あくまでもイメージです。

実際の金額は旅行代理店等で違ってきます。
必ず確認してくださいね。

金額を重視するのであれば、必然的にパームコテージになります。
ただし、他の部屋と比べると狭いので、広さも多少欲しいとなるならメインコテージがいいかもしれません。

ホテル内各施設までの距離。

オクマプライベートビーチ&リゾートの敷地は凄く広いです。
初めて泊まった時に、
「こんなに広いの!」
って思ったぐらいです。
なので、距離が意外と大切です。

・朝食に行く。
・ビーチに行く。
・観光に行く。
・夕食に行く。
・ホテルのイベントに行く。

上記で挙げたものは、1日の中で最低限移動するものだと思います。
ホテルライフを楽しむと言っても、1歩も外に出ないなんてことはないですよね。

「目一杯時間を無駄にしないで楽しみたい」
って考えている方もいるはずです。

メインコテージの一番遠いところからフロントまで往復で約20分かかります。
外に出る回数を重ねる度に、ホテル敷地内の移動時間が増えていきます。

時間を無駄にしたくない方が、そこに泊まってしまったら不満に繋がりますよね。

それなら1番移動に便利なパームコテージがいいです。
駐車場にも、各施設にも近いので移動にかける時間が一番少なくて済みます。

何をメインにするかによって、コテージを選んでもいいと思います。
1日ビーチやプールで遊ぶ方なら、敷地内の移動はそれほど気にはならないとは思います。

ですが、午前中観光に行って、午後からビーチ、夕食は車でどこかに食べに行く。
なんてことをすると、敷地内での移動時間だけでかなり取られてしまいます。
これは僕が昔やってしまったことです。
それもメインコテージの1番遠いところでした。

先ほども話しましたが、パームコテージだと狭いと思うかたは、次に移動の便利なガーデンヴィラがいいです。

あとは運になってしまいますが、メインコテージの1番フロントに近いところなら、ガーデンヴィラの遠いところとそれほど変わりはないかもしれません。

リゾートの雰囲気を楽しみたい。

せっかくの沖縄、そしてリゾートホテルに泊まっているからには、やっぱり重視したいのは雰囲気!

そこを重要視するならガーデンヴィラです。
オクマホテルの中で、唯一の戸建てタイプになります。

ガーデンヴィラと名前が付いているだけあって、庭があります。
それも結構広めのものです。

庭には、大きなテーブルとベンチ型のイス、それと少し離れたところに、小さなテーブルとイスが用意されています。

また、フロントにお願いすると幼児用のプールも貸してくれて、庭で入ることが可能です。

グランドコテージを利用したことはありませんが、僕がオクマプライベートビーチ&リゾートの中で、1番リゾートの雰囲気を楽しめるのはガーデンヴィラだと思っています。

ただし、値段設定が高めです。
次にリゾートの雰囲気を楽しめるのはメインコテージです。

部屋の作りや内装はガーデンヴィラとさほど変わりはありません。
変わりがあるのは庭かラナイ(ベランダ)かの違いぐらいです。

ですが、この庭がリゾート感覚をより出してくれます。
雰囲気を楽しみたいなら、ガーデンヴィラですね。

おすすめしたい部屋のタイプ。

上記で部屋を決める際に重視したい3点を話しました。
それを踏まえて、僕が1番おすすめしたいのはガーデンヴィラです。

過去何度も利用しているオクマですが、パームとメインは1度しか利用したことがありません。
理由は簡単で、ガーデンヴィラが1番気に入っているからです。

まずリゾートの雰囲気を楽しめるのが、他の2タイプよりも大きいです。
特に庭の存在が大きいです。

晴れている日に、庭のテーブルで食べる食事がとてもおいしくて気持ちいです。
昼なら真っ青な空と真っ白な雲を眺めながら、夕方なら真っ赤に染まる空とそれに照らされる雲を眺めながら、そんな中で食事をするのが楽しくて仕方がないです。

そして目線と同じ高さに見える真っ赤なハイビスカス。
それら全てが、沖縄に来ていると実感させてくれて楽しませてくれます。

この雰囲気は、パームやメインでのラナイでも味わうことは可能ですが、個人的には弱く感じます。
開放感と広さの問題だと思っています。
 
また、海で遊んだあとに、濡れて砂のついた浮き輪などを部屋に入れることなく、庭に置けるのも便利なところです。

フロントやビーチもメインコテージよりも近くて便利ですね。
特にビーチが近いのがうれしいです。

ビーチが太平洋側ではないので日の出を見ることはできませんが、日の入りを見ることができます。
オクマビーチで見ることができる夕日は、とても綺麗で誰もが魅了されるはずです。
 
そして夜少しだけ遅めにビーチで見る星空は、周りに明かりが少ないので、より綺麗に見ることができます。
浜辺に打ち寄せる波の音をBGMに星を眺めるのって最高に贅沢な時間です。

値段が高いのが多少ネックとなりますが、それに見合った価値をくれていると思っています。

子供がいるので、移動には多少時間が大人よりかかってしまうので、移動距離が少ないのと、部屋が広いのも選ぶ理由の1つになっています。

時間短縮の裏ワザ。

裏ワザってほどでもありませんが、海やプールで夕方まで目一杯遊んだあと、レストランで夕食を食べたい時に、移動の時間を抑えることができる方法があります。

ビーチやプール横に宿泊者は無料で利用できる展望浴場があります。
プール近くにあるシャワーで砂などを洗い流して綺麗に拭いていけば、利用することができます。

朝から着替えを用意してビーチに行けば、部屋に戻ることなく移動時間を抑えることができます。

まとめ。しっかり考えて楽しい沖縄旅行を! 

今回は、オクマプライベートビーチ&リゾートにある各部屋のタイプを紹介しました。
 
初めて泊まる方や、リピーターで違う部屋に泊まってみようと考えている方へ、多少でもお役に立てれたらうれしいです。
 
では、また〜。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
 
 
BT◯

スポット情報

名称 オクマプライベートビーチ&リゾート
住所 沖縄県国頭郡国頭村奥間913
アクセス 那覇空港より車で約2時間
営業時間
定休日 年中無休
電話番号 0980-41-2222
URL http://www.jalokuma.co.jp/sp/
駐車場 あり
料金 季節や旅行代理店による
設備 公式ホームページ参照
備考 多少古さを感じるが、ホスピタリティは高い

 

地図