きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

JALプライベートリゾートオクマ雨が降っても大丈夫!沖縄で雨が降っても楽しめることを紹介!

スポンサーリンク

フォローする

沖縄旅行で雨が降ってしまった場合、テンション下がりますよね。
特にマリンアクティビティーを楽しむ予定だった時は、凄く残念な気持ちになります。

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

沖縄だけではありませんが、旅行中に雨が降られるのは困ってしまいます。
屋外で遊ぶ予定だった場合、予定をすべて変えないといけないこともありますからね。

冒頭でもお話ししましたが、沖縄で雨が降られるとテンションが凄く下がります。
・きれいな海で思いっきり遊ぶ予定だったのに。
・きれいな海と空を、たくさん撮りたかったのに。
なんて方は、特に気分が落ち込むと思います。

そんなときは気持ちを切り替えて、違うことをして楽しみましょう。
どんな時でも気持ち次第です。

今回紹介する観光施設や楽しめることは、オクマプライベートビーチ&リゾート(旧JALプライベートリゾートオクマ)に僕が泊まったとき、実際に雨の日に言っていた場所になります。
オクマだけでなく、他のホテルに泊まっていても楽しめる観光スポット紹介していますので、参考にはなると思います。

では、沖縄で雨に降られても楽しめることを紹介します。  

海洋博公園は雨でも楽しめる場所が多い。

海洋博公園には、知らない人がいないのではないかと言うぐらい有名な、美ら海水族館があります。
オクマからは車で1時間ぐらいです。

僕は初めて行った時に、美ら海水族館が単体であるだけかと思っていましたが、海洋博公園内にある一施設でした。

公園内には、大きく分類すると6施設+ビーチがあります。

美ら海水族館。

沖縄観光の定番で、見応えは十分にあります。
見どころは、ジンベイザメのいる大型水槽です。

美ら海水族館は、大型水槽前にありがちな平坦な観覧場所だけでなく、スロープが階段状に設置してあり、子供もとても見やすくなっています。

他の場所についても子供に配慮した作りになっていてよかったです。

オキちゃん劇場

イルカのダイナミックなショーやウミガメを見る事ができます。
劇場の裏が海なので、ショーと海を両方見ることができます。
両方を一度に見ることができる水族館はあまりないので、とてもよかったです。

観覧席は屋根があるので、余程強い雨でなければ濡れる心配はありません。

海洋文化館。

大型カヌーや海洋資料が展示されています。
プラネタリウムはオススメです。

海洋資料展示がメインなので好き嫌いの分かれる施設だと思います。
ですが、是非見てみるといいと思います。

僕は知らないことが知れて勉強になったので楽しかったですし、プラネタリウムは子供も楽しかったみたいで喜んでいました。

おきなわ郷土村・おもろ植物園 。

琉球王国時代の村落を復元した施設になります。
建物を見るだけでなく、三線などの体験ができます。

三線やカチャーシーの体験は、気軽にできますので、やってみて損はないです。

熱帯ドリームセンター 。

ランや熱帯系の植物を中心とした植物園になります。
古代遺跡の様な螺旋の塔が目を引きます。

センター内の池にアロワナや鯉がいて、餌をあげる事ができます。
餌やりは、意外と楽しむことができますね。

雨でも楽しめますが、晴れているときに螺旋状の遠見台から見る景色はサイコーです。

熱帯亜熱帯都市緑化植物園。

都市緑化に適した植物を集め植栽している植物園です。
ヤシ類と高木見本区が南国ムードがあってオススメ。

エメラルドビーチ。

水質AAのエメラルドグリーンとコバルトブルーが鮮やかな海です。
とにかくきれいな海と砂浜なので、散歩するだけでも楽しめます。
雨や風が強い日にはおすすめしません。

海洋博公園の注意点。

簡単な説明を付けましたが、休館日もあるので、詳しくは公式HPを見たほうがいいです。
公園内にたくさんの施設がありますので、雨でも一日遊ぶ事ができます。

ただし、ベビーカーを利用して傘をさしながら全ての施設をまわるのは大変です。
実際に僕が経験しましたが大変でした。
全部回るのではなく、数施設だけでもいいかもしれません。

それと、駐車場は北部方面からナビで行くと、右折入場になります。
駐車場待ちになってると、Uターンが必要です。

駐車場も目的施設の近くに止めないと、凄く歩くか遊覧車に乗る必要が出てきます。
オススメの駐車場は北ゲート駐車場ですね。

美ら海水族館のチケットは『道の駅 許田』が一番安いので買い忘れのないようにしてくださいね。

ナゴ パイナップルパークは雨でもカートに乗ってパイナップル畑をまわれる。

ナゴ パイナップルパークは、沖縄観光情報誌を見ると必ず掲載されています。
オクマからは車で50分ぐらいです。

簡単に話すと、「パイナップル畑を見て、試飲試食をして、お土産を買う」みたいなところです。
簡単に書くとおもしろくなさそうですが、意外とおもしろいです。

工場見学やパイナップルを使用した色々な種類のものを試飲試食できたり、お土産を買ったりできます。

一番楽しいのは園内を見て回る「パイナップル号」です。
自動で動くカートで、子供がすごくよろこびます。
雨でも乗れるので楽しめます。

ただ、園内での所要時間は1時間ぐらい。
ここだけで一日過ごすのは厳しいので、行くとこの一つとして別の場所も考えておくことが必要です。

雨だからこそドライブがおすすめ。

沖縄旅行に行くと、どうしても予定を詰め過ぎてしまっていることがありませんか?
雨が降ってるからこそ、のんびりとドライブなんてどうでしょう。
目的地を1〜2箇所ぐらいにして、ゆっくり過ごすのもいいものです。

ドライブがてら、おしゃれなカフェでランチやスイーツなんてのもいいです。
体験工房みたいなところで何か作れば、自分へのお土産や思い出にもなります。

オクマから1時間ぐらいで行けるオススメの場所。

森のガラス館。

名護市内にあり、琉球ガラス体験ができます。森のガラス館では、オリジナルグラスやアクセサリー等作成することができ、ガラス作成体験をしたことがない方にはオススメです。

集中して作るから、時間が経つのが早い早い。
出来上がりを見ても楽しめるし、自宅に帰ってからも楽しめます。

気軽に行ける離島、古宇利島。

古宇利大橋から行ける離島で、カフェを楽しめるところがあります。

カフェでランチやスイーツを楽しんだあとは、古宇利大橋の真逆にあるトケイ浜とティーヌ浜をオススメします。

ティーヌ浜には有名な「ハートロック」、トケイ浜には「ポットホール」があります。
両方とも有名な場所なので、一度は見ておくといいです。

それと、両浜にある砂や貝にめずらしいものがあります。
星の形をした砂粒やピースをしているような貝がみつかるかもしれません。

僕は星砂を見つけることが出来ましたが、ピース貝は見つけられなかったです。
傘を使いながらでも探せます。

ただし、浜に行くのに砂の斜面を降りていくので、足元がかなり悪いので注意が必要です。
当たり前ですが、晴れているほうが海は綺麗ですが、雨が降っていても綺麗なのが分かります。

ザ・ブセナテラス。

名護市内にある高級リゾートホテルの「ザ・ブセナテラス」。
一度は泊まってみたいと思っている方も多いと思います。

そんな高級リゾートホテルに何をしに行くのかと言うと、ランチビュッフェです。

次に沖縄旅行に行ったときに、
「泊まってみたいな」
と思ってるホテルや予約の段階で迷っていたホテルを下見がてらにランチなんて、雨でも降ってなければ行くこともないです。

ブセナを選んだのは、個人的にいずれ泊まってみたいと思ってるからですね。
ブセナでなくても、自分が気になってるホテルでいいです。

ランチだけでも十分に雰囲気は分かります。

オクマプライベートビーチ&リゾート周辺山原地域観光スポット。 

今度はオクマがある国頭村にある観光スポットを紹介します。

ヤンバルクイナ生態展示学習施設。

オクマから車で45分ぐらいの場所にある、天然記念物ヤンバルクイナを見ることができます。

ヤンバルクイナの名前を聞いたことがあっても、実際に見たことがない方って多いと思います。
沖縄県民でも、生で見たことない方が多いそうです。

山の中を歩き回って、ヤンバルクイナを探して見つけるのは大変らしいです。
でも、ヤンバルクイナ生体展示学習室施設なら見ることできます。

やんばるの森 おもちゃ美術館  。

オクマから車で15分ぐらいの場所にある、実際に手に取って遊ぶことのできる体験型ミュージアム。

こちらの施設、雨が降っている際に、オクマホテルのスタッフから勧められて知りました。
正直言うと全然期待していませんでした。

ですが、子供のいる方は行くことをオススメします。
子供が凄く楽しめる施設で、帰りたがらないです。

美術館の目的が「木育(もくいく)」なだけあって、木の温もりを感じることができます。

家にあるおもちゃで、木で出来た物って少なくありません?
だからなのか、子供たちにはめずらしいようで集中してました。
もちろん大人も楽しめます。

オクマホテル内とオクマビーチで雨でも楽しめること。

天然のオクマビーチには貝殻がたくさん。拾って集めるだけでも楽しい。

オクマホテルの目の前には、素晴らしい天然ビーチが広がっています。

砂浜には貝殻などがたくさんあります。
ビーチコーミングは雨の日でも出来るのでオススメです。

色々な種類の貝殻や珊瑚があり、欠けていない貝殻で少し大きな物を見つけると、嬉しくなります。
大人も子供も宝探しをしているような感覚で遊べます。

写真の貝殻は、以前オクマホテルに行ったときに、子供が一生懸命集めたものです。
オクマビーチ以外でも、天然ビーチなら貝殻などがありますので、探してみてはどうでしょうか。

ただし、雨や風が強くて波が高い時は危険なので止めた方がいいです。

オクマプライベートビーチ&リゾートの体験工房とスポーツ施設。


オクマホテルには体験工房があり、ジェルアートやシーサー等の作成体験ができます。

これが意外とハマります。
凄く集中しますし、凄く楽しいです。

作成は担当のスタッフが丁寧に教えてくれるので心配はありません。
子供より大人が熱中してしまいます。

体験工房以外にも、バドミントンやバスケットボール、ビリヤードができる施設があります。

広いところで思いっきり身体を動かすと気持ちいいです。
部屋でのんびりもありですが、適度に汗をかくのもありです。

体験工房やスポーツ施設を利用する際には、料金が発生します。

割引き、もしくは無料になるカードがあります。
詳しくは、下記記事に記載してあります。

リラクゼーションで日ごろの疲れを癒せる。

雨で時間があるからこそ、日頃の疲れを癒すためにリラクゼーションなんてどうでしょう。

オクマには数種類のリラクゼーションメニューがあります。
僕は体験したことがないので分かりませんが、妻いわく「サイコー」だそうです。

奥さんや彼女にサプライズ、なんてのもいいかもしれないです。

ちなみに、妻がリラクゼーション中、僕は子供たちとビーチコーミングか道の駅に行ってます。 

雨が降っているときこそ、のんびりお土産選び。

「雨で行くところがな〜い」って方は、ゆっくりとお土産を見てはどうですか?
帰りに空港等でバタバタと買うよりも、じっくりゆっくり見れます。


僕はオクマ内にあるショップ「ブーゲンビリア」と「道の駅ゆいゆい国頭」、「イオンなどのスーパー」で買うことが多いです。

道の駅ゆいゆい国頭は、オクマから車で5分ぐらいの場所にあります。

この道の駅、凄く大きくてお土産も豊富に揃っています。
「レストラン くいな」で食事もできます。
ソーキそばがおいしかったです。

道の駅だけあって、色々な物が販売されてます。
ホテル内で「沖縄の物が食べたい」って思った時にも便利です。
好きなお菓子や食べ物、飲み物を買って部屋に戻りノンビリなんてこともできます。


上の写真は、平成28年7月にオープンした新施設で同じ敷地内にあります。
ホテルに持って帰って食べるにはちょうどいいものがたくさんありました。

イオンなどのスーパーでお土産を買っている理由は、下記記事で詳しく話しています。

まとめ。オクマには雨が降っても楽しめることがたくさんある。

沖縄旅行で、雨が降っていても楽しめる場所を紹介しました。
もちろん晴れていたらより楽しめるところです。

観光スポットについては、オクマホテルから片道一時間以内で行ける場所を選びました。
一時間以上かければ、まだまだたくさん観光施設はありますが、あまり遠くても移動で疲れてしまうので一時間以内で選びました。

紹介した以外にも、人それぞれで楽しむ方法はたくさんあると思います。
沖縄は見たり食べたり、体験したりできる場所がたくさんあります。

予約が必要なところもありますので、天気を確認しながら早めに予約しておくといいと思います。

前日だと、予約が取れなくなってしまっていることが多いです。
早めの行動が大事ですね。

では、また〜。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

この記事が少しでも参考になったらうれしいです。