きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

USJエルモのバブル・バブル。待ち時間や混雑予想、身長制限など基本情報まとめ。

スポンサーリンク

フォローする

エルモのバブル・バブルの待ち時間や混雑予想、子供が怖がらずに乗れるかなど基本情報まとめ

「子どもにちょっとだけドキドキを体験させたい」
「ジェットコースターは、まだ早そうだけど、何か違うものでドキドキさせてあげたい」

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

せっかく楽しいアトラクションがたくさんあるから、「子どもに少しだけドキドキ体験をさせてあげたい」と、考えている親御さんも多いのではないかと思います。

アトラクションに乗ったあと、ちょっと怖かったけど楽しかった、そんな体験させてあげれるのも遊園地のいいところです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンには、「ちょっとドキドキ、でも楽しい!」ってアトラクション、エルモのバブル・バブルがあります。

わたしもドキドキだったけど楽しかったよ。

うん、大人でもドキドキできてよかったね…。

この記事では、エルモのバブル・バブルについて、待ち時間や混雑予想、実際に乗ってみた感想などを話していきます。

多少なり参考にしていただけたらうれしいです。

 

エルモのバブル・バブルの待ち時間・混雑予想。

のんびりボートに乗って、途中でドキドキ。

エルモのバブル・バブルは、子供向けアトラクションの多いエリア、ユニバーサル・ワンダーランドにあります。

エルモのペット「金魚のドロシー」に乗って、水の上をぷかぷかと進む、クルージングタイプのアトラクションです。

途中、少しだけ急流をすべり落ちる場所がありますが、怖くもないし水に濡れることもありません。

少しのドキドキを体験できるアトラクションと言うこともあり、とても人気の高いアトラクションなので、混雑しやすく待つことが多いです。

他のワンダーランド内のアトラクションと同じで、10時過ぎから混みはじめてきます。

その混雑が、17時頃にピークを迎えますが、それ以降10分台の待ち時間は20時以降にならないとありません。

そして一番知っておかないといけないのが、屋内型のアトラクションと言うことです。

屋内型なので、雨でも濡れることがないので、多くの子ども連れ家族が圧余ってきます。

なので、晴れの日と比べて、待ち時間が大きく変わることがありません。

それでは下記にて、待ち時間と混雑予想を書いていきますので、参考にしていただけたらと思います。

平日の待ち時間。

平日は、すいていれば15分で乗れる時間帯もあります。

午前中は、比較的すいていることが多いです。
でも、他のアトラクションより混んでいます。

混みはじめるのは10時過ぎからで、ゆるやかに待ち時間が伸びていく傾向があります。

17時前後が待ち時間のピークで、60分近く待つことが多いですね。

平日の待ち時間

晴れ:約40~60分

雨 :約30~50分

休日の待ち時間。

休日は、待ち時間が長くなります。

特に、11時前後から混雑が激しくなります。
混雑のピークは15時から18時前後で、100分待ちなんてこともあります。

特に土曜日は混雑している時間が長く、21時頃まで40分待ちなんてこともあります。

休日の待ち時間

晴れ:約70~100分

雨 :約50~90分

大型連休(春・夏・冬休み等含む)の待ち時間。

大型連休も、休日と同じような待ち時間です。

エルモのバブル・バブルですが、大型連休も混雑具合にあまり変化がありません。

晴れと雨ともに、休日の待ち時間に10分ぐらいプラスする感じですね。

他のアトラクション同様、1番混むのが3月です。
気温も過ごしやすく、卒業シーズン、春休みと重なるので、8月よりも待ち時間が長くなるときがあります。

大型連休の待ち時間

晴れ:約80~110分

雨 :約60~100分

よやくのりの発券は必要?

朝、開園と同時にUSJへ入場したなら、よやくのりを取得する必要はありません。

下記記事でもお話ししていますが、朝一入場なら、10時までによやくのり対象アトラクションはすべて乗れるはずです。

エルモのバブル・バブルのすいている時間帯と注意したいこと。

平日や休日、大型連休の日も含め、すいている時間帯は朝10時までと20時以降です。
朝一番で入場すれば、よやくのりの発券も必要ありません。

ただし、3点注意があります。

  • 開園と同時に入園しても、異常に混んでいる日がある。
  • 19時以降から閉園まで、異常に混んでいる日がある。
  • ワンダーランド内で1番回転率の悪いアトラクション。

たまにですが、平日休日の区別なく、50分以上も並ぶ時間帯があります。

8時台に25分以上待つ日だった場合は、迷うことなく、よやくのりの発券をすることをおすすめします。

夜にエルモのバブル・バブルへ乗るなら、20時以降がおすすめです。

ワンダーランド内で、1番回転率の悪いアトラクション。

これは、僕が個人的に思っていることです。

ワンダーランドと言うか、ユニバで1番回転率が悪いアトラクションかもしれません。

と言うのも、エルモのバブル・バブルはボートに2名までしか乗れません。

大人と子供、もしくは子供同士なら2名乗れますが、大人同士は乗ることができないので1名だけになります。

そして、コースには約5台のボートがありますが、1台が戻ってくるまで、発車はしません。

後ほどお話ししますが、1周約3分、それが周って戻ってくるまでボートが出発しない、そして乗れるのが2名まで。

それらが理由で、回転率が悪く、待ち時間が長くなっています。

エルモのバブル・バブルの場所。

エルモのバブル・バブルは、ユニバーサル・ワンダーランドエリア内にあります。

ワンダーランドへの行きかたは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのメインエントランスを抜けて、1つ目の十字路を右に曲がってください。

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドの先を右に曲がり、まっすぐ進むとワンダーランドがあります。

エリアに入ると、

  • スヌーピーエリア
  • キティエリア
  • セサミエリア

の3つのエリアが順番に出てきます。

ピンクの建物ばかりのキティエリアを抜け、1番奥にある建物(エルモのイマジネーションプレイランド)の中に、エルモのバブル・バブルがあります。

エルモのバブル・バブル基本情報。

ここでは、エルモのバブル・バブルの身長制限など、基本情報をお話しします。

定員。

2名。

所要時間。

約3分

身長制限。

  • 単独乗車の場合は、122cm以上。
  • 付き添い乗車の場合は、92cm以上

よやくのり。

よやくのり対象アトラクションです。

ユニバーサル・エクスプレス・パス。

エクスプレス・パス対象外アトラクションです。

シングルライダー。

シングルライダー対象外アトラクションです。

チャイルドスイッチ。

チャイルドスイッチ対象アトラクションです。

エルモのバブル・バブルに乗ってみた感想。

レールのないコースを、ゆったりクルージング。

はじめて乗ったときの感想ですが、コースの水中に、レールなどがないことに驚きました。

ボート型のアトラクションって、水中の中にガイドレールが設置されていることが多いですが、エルモのバブル・バブルにはなかったです。

なので、完全に水の流れに乗って楽しむものになります。
とは言っても、コース幅が狭く、ボートがひっくり返ることはないので安心して乗ることができます。

子どもは、途中にある急流がドキドキするようで、体験したあとも楽しそうにしていました。

急流をすべる前に、少しだけ坂を上ります。
その時は、完全にビビッていました。

でも、怖がっていたけど、すべってみたらそんなでもなく、楽しいって感情が強く前に出るからなんでしょうね。

その少しだけのドキドキが子どもには大切なことで、頑張って乗った体験が、次のあたらしいチャレンジにつながるのかと思います。

エルモのバブル・バブルは子どもには怖い?乗れる?

エルモのバブル・バブルは、急流すべりがポイントです。
唯一怖いと感じるのは、急流すべりの場所だね。
スピードも速くないですが、子どもがどう感じるかになります。

一度、コース上にある急流ポイントを見せてから、乗るのもありだと思います。
本当に短い急流なので、見せても問題なく乗れるはずです。

まとめ。エルモのバブル・バブルは、ちょっとしたドキドキ体験にもってこい。

エルモのバブル・バブルは、子どもを成長させてくれるアトラクション

エルモのバブル・バブルの、待ち時間や混雑している時間帯、乗ってみた感想をお話ししました。

回転率のあまりよくないアトラクションですが、子どものドキドキ体験のために、ぜひ乗りたいアトラクションです。

朝早く乗るか、もしくはよやくのりを活用して体験すれば、長い時間待つこともありません。

ボートに揺られなが乗るのが、とても楽しいので、ぜひユニバへ行ったときは乗ってみることをおすすめします。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。