きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

子供と一緒にUSJ。昼前に入園したときのワンダーランドを中心としたおすすめの回りかたを紹介。

スポンサーリンク

フォローする

少し遅めに入園したUSJで効率よく回るおすすめの方法

子供と一緒にユニバーサルスタジオジャパンへ行くとき、一番行きたい時間帯が開園の時間です。

でも、

  • 朝早く起きて行くのはちょっと…。
  • ヤッバ、寝坊した…。

なんて理由で開園時間より少し遅く着いてしまうなんてこともあります。

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

実は、開園と同時に入園しようとして、寝坊して遅くなったことがあります。

オフィシャルホテルに泊まり、本当は6時に起きようとして、8時に目が覚めました。(←1度だけではないんです…。)

眠いときはしかたないよ。

まぁ、そうなんだけど、一日のプランが…。

ゆっくり入園もいいですが、やっぱり気になるのが、アトラクションの混雑。
気になりますよね。

さらに、子供が一緒だと長時間待てないなんて、しょっちゅうです。

でも、僕たちは、10時頃に入園しても、十分楽しむことができています。
それは、USJの遊びかたにコツがあるからなんです。

入園する時間帯で、少し工夫するだけです。

それではこの記事で、少しゆっくりめに入園しても、大人も子供も楽しめる方法を紹介します。

 

一番最初に、子供の乗りたいアトラクションに乗ろう。

まず最初に、子供の乗れるアトラクションへ行ってあげるのがいいと思っています。

と言うのも、入園する前から子どものテンションは爆上げ状態です。
乗りたいもの、もしくは乗れるものを優先的に体験させてあげてください。

おすすめは、タイトルにもしていますがユニバーサル・ワンダーランドです。
小さな子供から楽しめるアトラクションが、たくさんあります。

アトラクション以外にも、すべり台などがあって楽しいですよ。

入園したら、一番最初にワンダーランドへGOです。

ただし、1点注意があります。
エクスプレス・パスを購入していて、時間指定が近い場合は、まずそちらのアトラクションへ行ってくださいね。
そのあとに、ワンダーランドです。

エクスプレス・パスを購入していない、もしくはパスの時間指定まで数時間ある場合は、ワンダーランドに直行しましょう。

10時頃から14時頃までのワンダーランドを楽しむためのポイント。

よやくのり対象外のアトラクションは、いつでもすいていて待たずに乗れます。アトラクション以外にも楽しめる遊具がいっぱい。

開園後、一番最初に混み始めるのが10時頃です。

ワンダーランドに着いたら、一番最初にすることは、よやくのり対象アトラクションの予約をすることです。

よやくのり対象

・スヌーピーのグレート・レース

・フライング・スヌーピー

・エルモのゴーゴー・スケートボード

・モッピーのバルーン・トリップ

・エルモのバブル・バブル

子供連れUSJで一番入園したい時間は、開園と同時です。

こちらの「子連れUSJ。ワンダーランドのよやくのり利用を中心としたおすすめの回りかたを紹介。」で詳しく紹介していますが、開園と同時に入園すると、10時頃までに予約なしでよやくのり対象アトラクションすべてに乗れます。

10時頃の入園は、予約なしで乗ることもできますが、60分待ちとかになります。
長時間並ぶことができるのであれば、予約してから他のアトラクションに並ぶなんてのもありです。

でも、できることなら長い時間並びたくありません。
もちろん、すいているならよやくのり対象でも大丈夫です。

ここでおすすめするのは、よやくのりの予約チケットを発行してから、よやくのり対象外、もしくは体を使って遊べるアトラクションで遊ぶのがいいです。  

10時頃から14時頃までのポイント。

入園後はどこに行けばいい?
→ワンダーランドへ直行してください。

ワンダーランドに着いたらどうする?
→子供の希望するよやくのり対象アトラクションを予約しましょう。エクスプレス・パスの時間帯指定がなければ、一番待ち時間の長いアトラクションを、最短時間帯で予約してください。

予約したあとは?
→子供の希望するアトラクションに並んであげてください。できれば、よやくのり対象外のアトラクションに並ぶと、ストレスなく遊べるはずです。

よやくの時間が来たら、乗っていい?
→いきなり乗らずに、違うアトラクションを予約をしてから乗ってください。

2回目の予約のおすすめは?
→混雑状況にもよりますが、15時以降で予約ができるはずです。エクスプレス・パスの時間指定がなければ、表示されている時間帯で早いものを選びましょう。

お昼ごはんは?
→11時30分頃~13時頃までは、どこも飲食店は混んでいます。
ですが、これは僕らが5人家族と人数が多いのが理由で、人数分の席を探すのが大変なだけで、4人ぐらいまでならあいているか、ちょうどあくタイミングで座れます。
すいている11時30分前だと、入園したばかりで子供は遊びに夢中です。
13時ちょっと過ぎに、少し遅めのお昼ごはんでもいいと思います。

エクスプレス・パスの時間指定がある場合はどうする?
→時間指定を優先させてくださいね。高いお金を払って、購入しているものですので、使わないのはもったいないです。

14時から17時までの楽しむためのポイント。

10時から14時まで、ワンダーランドを楽しみました。
もう1回、よやくのりが残っていますが、時間までワンダーランドを離れます。

と言うのも、我が家には3人(15歳・8歳・5歳)の子供がいます。
楽しんではいるものの、15歳の子がワンダーランドずっといるのは厳しいです。

小さな子供だけでなく、大人(15歳も含め)も楽しみたいですからね。
この時間帯で大切になるのが、エクスプレス・パスを持っているか、持っていないかです。

我が家はエクスプレス・パス4という、対象アトラクションの待ち時間がが4つ短縮できるチケットを購入しています。

パスがあるなら、パスを優先的に使って遊ぶのが一番です。
もし、パスがなければ以下のように回ることをおすすめします。

人気アトラクションに通常スタンバイ、もしくはシングルライダーで並ぶ。

あまりおすすめしませんが、人気アトラクションへ並びます。
平均して60分以上は並ぶことになります。

閉園まで滞在するのであれば、人気アトラクションは18時以降に乗るのが一番です。

でも、18時頃に帰る、そして人気アトラクションを楽しみたいなら並ぶしかないです。

小さな子供がいると、身長制限などで乗れないものがあります。
その場合は、チャイルドスイッチを利用することで、交互に乗ることができます。

また、我が家みたいに妻が絶叫系が苦手な場合は、シングルライダーを利用してアトラクションに乗ることができます。

ただし、シングルライダーは混雑具合によっては、実施されていないことがあるので、確認が必要になります。

昼間に、USJの人気アトラクションに乗りたい場合は、エクスプレス・パスの購入をおすすめします。

混雑する前に、お土産を買う。

18時頃から閉園までの時間は、お土産を買う人でお店は混んでいます。16時までに購入してコインロッカーに預けるのがおすすめ。

夕方から閉園間際のお土産屋さんは、どこもすごく混みます。
子供を連れてですと、ゆっくり見ることなんてできないです。

勝手に行かないで…。あれ?見当たらない?

なんてことが、我が家ではよくあります…。

なので、人の多くない16時前に購入するといいです。

先に購入すると荷物になってしまいますが、園内にはコインロッカーもあるので、預けてしまえば問題ありません。

混んでいる店舗を、子供を気にしながら商品を選ぶよりは、すいている時間に選ぶほうが断然いいです。

夕暮れが最高におすすめな、ハリーポッターエリア。

昼間のハリーポッターエリアもいいですが、断然夕方以降がおすすめです。中世ヨーロッパのような雰囲気を味わうことができます。

ハリーポッターエリアにあるアトラクションは、小さな子供が乗れるアトラクションはありません。

ですが、日常とは全然違う景色を味わうことができます。

初めて行くと、大人でも驚くエリアなので、小さな子供でも十分雰囲気を楽しむことができます。

オリバンダ―の店で「杖が魔法使いを選ぶ」様子を見ることができたり、ホグワーツ城内を歩いてい巡ることができるホグワーツ・キャッスルウォークはおすすめの場所です。

「動く肖像画の廊下」や「太った夫人の肖像画」など、ハリー・ポッターたちが体験した、魔法の世界を体感することができます。

14時頃から17時頃までのポイント。

予約の時間までどうしたらいい?
→ワンダーランドから違う場所にいきましょう。

人気アトラクションに乗ったほうがいい?
→できれば、人気アトラクションは夜に乗った方がいいです。でも、帰る時間が夕方なら、シングルライダーやチャイルドスイッチを利用して乗りましょ。

アトラクションを夜に乗るなら、何をしたらいい?
→先に買いたいお土産を買うことをおすすめします。夕方から、ショップの中は混雑して、歩くのも大変になります。

ハリーポッターエリアは小さな子供でも楽しめる?
→十分楽しめます。非日常的な雰囲気を楽しむことができます。

17時から閉園まで楽しむためのポイント。

17時頃から、USJのアトラクションの混雑は緩和されてきます。
逆に、お土産を販売する店舗は混みはじめ、帰宅するためにエントランスへ向かう方が増えます。

閉園まで、もしくは閉園まじかまで楽しむためのポイントは多くありません。

  • 少し早めに夕食を食べる。
  • パレードを観賞する。
  • 人気アトラクションに乗る。 
  • 子供の好きなアトラクションに乗る。

以上4つのみです。 

それでは、1つずつ話していきます。

少し早めに夕食を食べる。

パレードを見るにしろ、人気アトラクションに乗るにしろ、夕食は早めに食べるのがいいです。

と言うのも、本格的にすき始めるのは19時以降です。
それまでは、ゆっくり休みながら食事をするのが一番ですね。

ナイト・パレードを観賞する。

先ほども話しましたが、エクスプレス・パスを購入しているなら、夜までにある程度アトラクションは楽しめているはずです。

それなら、パレードを見るのがいいです。

USJのナイトパレードは、日によって開催時間が違います。
開催時間は、19時45分~21時00分のあいだにスタートとなります。

座ってゆっくり見たいなら、2時間ぐらい前から場所取りが必要です。

でも、そんな早くから場所取りしなくても、場所によっては1時間前でも座ることができます。

パレード自体は、20分ぐらいで自分たちの前を通過していきます。
立ち見でも十分見ることが可能なので、長い時間待つ必要はないかなと思っています。

ただし、立ち見の2列目以降になると、子供が見にくくなるので1列目はの確保は必須になります。

20分ぐらいの抱っこって、けっこうキツい…。

夜なら人気アトラクションも短い待ち時間で乗れる。

USJで大人気のアトラクション、ミニオンのハチャメチャライド、フライングダイナソー、ハリーポッター、スパイダーマン、バリウッドドリームザライドなども、夜なら大幅に待ち時間が短縮できる。

USJの人気アトラクションは、昼間に普通に並ぶと60分以上待ちなんて当たり前です。
大型連休中ともなれば、120~180分なんてこともあります。

並んでいるだけで、時間を取られるのはイヤ。

19時以降は、急に並ぶ時間が短くなるのでおすすめです。

昼間に90分待ちのアトラクションも、30分待ちぐらいで乗れてしまいます。
30分ぐらいなら、十分待ってますよね。

そんな理由から、普通に並ぶなら夜をおすすめしています。

1日の最後に、ワンダーランドで子供の好きなアトラクションに乗る。

夜のワンダーランドも、昼間と違ってすいています。
待ち時間もグッと減るので、帰る前に乗るのがおすすめです。

19時以降は、よやくのり対象アトラクションも、15分以内で乗れることがほとんどです。

朝10時前に入園すれば、予約なしで乗れるアトラクションも、昼間は並ぶので乗れなかったアトラクションもありました。

その分を、夜のすいている時間に乗ってあげるのもいいと思います。

17時頃から閉園までのポイント。

夕ご飯はいつ食べるのがいい?
→少しは早めに食べるといいです。昼と違って、飲食店もすいています。

パレードは何時間前から場所取りできる?
→開催されているパレードの種類や開催時間にもよって違います。早い方だと、17時頃から場所取りしている方もいます。ただし、通行などの邪魔になるかもしれないので、早くから場所取りする場合は、近くのスタッフに聞くといいです。

立ち見ならどれくらい前から待てばいい?
→場所によって違いますが、30分ぐらい前なら問題ないと思います。

夜だとアトラクションはすいている?
→すいています。アトラクションによっては、17時過ぎに30分以内で乗れることもあります。

ワンダーランドもすいている?
→基本的にはすいています。大型連休中も、それなりにすいているので、帰る前の最後に乗るのはおすすめです。

まとめ。10時頃からでもUSJは十分楽しめる。

USJの入園は、開園時間と同時が一番です。
でも、少し遅く入った10時頃からでも、回り方次第では十分に楽しめます。

ご紹介した回りかたは、あくまでも僕たち家族の方法です。
もしかしたら、これ以上に効率がよく、もっと楽しめる回りかたがあるかもしれません。

参考にしていただきながら、アレンジしていただけたらと思います。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。