きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

郵便局や中央郵便局と騙った詐欺メールや電話に注意!

スポンサーリンク

フォローする
 
Evernote Camera Roll 20160607 122435.jpg
 
yokohamamegane( ´ ▽ ` )ノです。
 
今の世の中、色んな詐欺がありますよね。
よく色んな事を思いつくなぁ、と思ってしまいます。

今回は郵便局を騙った詐欺等のお話しです。
 

 

 

現金を送れ!
 
郵便局が利用された詐欺って結構あるんです。
みなさんはご存知でしたか?


例えばゆうパックレターパックって商品が郵便局にはありますが、それに現金を入れて送るように指示されお金を騙し取られてしまう事件が数年前に多発していました。


「現金送付型」の振り込め詐欺と言われるものです。


レターパックの封をする部分に大きな文字で「レターパックで現金送れはすべて詐欺です」と、書かれているので十分に注意してください。

不審なメールは開かない!
 
荷物を配達する際の配達先確認や不在時に荷物を預かっている内容のメール。
これは現金の詐欺と言うよりも、ウィルスになります。


これは自分もメール来たことあります。
確か、2016年1月頃だった記憶があります。


メールには、
『ご不在で荷物をお預かりしています。保管期間が経過しそうなので、ご連絡をお待ちしております』みたいな内容で、URLが添付されていました。


日本郵政やJAPAN POSTと書かれているので、信じて押してしまった人もいたと思います。
もしメールが来ても、URLをポチッとしないようにしましょう。


ウィルス感染してしまいす。
 
不審な電話は応対しない!
 
最後は、ここ最近増えているものです。

電話がかかってきます。

出ると『お荷物が届いていますが、配達のことで確認したいことがあります』や『ご不在でお荷物をお預かりしています。再配達のため、ご連絡いたしました』等の自動音声が流れます。


プッシュボタンを押すように促されます。
押すとオペレーターが出て、『住所と名前』を聞かれます。
 
どうやら個人情報が欲しいようです。
首都圏では2016年3月頃から増加しているようです。


郵便局にも電話のあった方からの問い合わせやクレームが増えているようです。


もし、電話があっても音声指示されたプッシュボタンを押さないようにしてくださいね。
 
まとめ!
 
Evernote Camera Roll 20160607 122632.jpg

 

今回は郵便局を騙った詐欺などのお話しをしました。

 

まず、郵便局を騙ったもので一番厄介なのが地元の実在する郵便局名を出しているものがあることです。
もしくは、本局や中央郵便局となっているものもあります。

 

ですが、ここからが大事です。
郵便局から配達のことで連絡する際に自動音声が使われることは、今現在ではありません。
各郵便局にそんなシステムが入っていないからです。


メールについても、個人のメールアドレスに連絡することはありません。
配達に関しての問い合わせは、社員が直接電話しての確認になります。
そもそも、宛名の書いてあるラベルに受取人のメールアドレスが記載されていないので知ることができないので送信できませんよね。


不審な電話やメールが来ても、直ぐに応対しないで調べてからの方が良いです。


では、また〜。