Travel

USJのワンダーランドは、アトラクション以外も子連れ家族に楽しい遊びがいっぱい!

ユニバーサルスタジオジャパン内ワンダーランドのライド系アトラクション以外の子供が楽しい遊具

小さな子供や小学校低学年ぐらいの子供を、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ連れて行く際に悩むことがあります。

「連れて行きたいけど、アトラクションに乗れるかな~?」

このような理由で、連れて行こうかどうしようか悩んだことありませんか?

上記のような悩みですが、我が家で実際に考えたことです。

小さな子供って、子供が対象のアトラクションでも怖がるときは怖がります。
そうなると、パーク内をブラブラするか、飲食店で座っている時間が増えてしまいますよね。

せっかく連れて行ったからには、子どものつまらなそうな顔は見たくありません。

でも、USJではそんなことにはならないので、安心してください。

今回、この記事で紹介するのは、子供向けアトラクションばかりのワンダーランド。

そのワンダーランド内にある、楽しい遊具などを紹介します。

アトラクションを怖がっても、他に遊べるところがたくさんありますので、参考にしていただけるとうれしいです。

スポンサーリンク

スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー。

ワンダーランドにあるスヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャーは、体を動かしたり考えて遊べるものがいっぱいある場所

ハル
ハル
「スヌーピーが映画監督をする撮影スタジオで、いろんな道具や音楽で映画を作る」がテーマの屋内型プレイランドだよ。

たくさんのレバーやスイッチなど、子供のよろこぶ仕掛けがたくさんある、スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー。

スヌーピーの仲間たちが、プレイランドのそれぞれの場所で、楽しいし遊びを用意して待ってます。

ワンダーランド、スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャーのスパイクのウェスタンセット。小さなすべり台やトンネルがあって、子供たち楽しそうに遊んでます。
横浜メガネ
横浜メガネ
僕の子どものお気に入りは、スパイクのウェスタンセット。

サウンド・ステージ内にある遊具の一つが、スパイクのウェスタンセットです。

ユニバーサル・スタジオへ行くたびに、必ず遊んでいます。

ハル
ハル
小さなすべり台とトンネルを、すごく楽しいそうに遊んでるよね。

床にやわらかい素材が使われているので、転んでもケガをしにくくなっています。

ハル
ハル
ここの1番のおすすめは、夏はすずしく、冬はあたたかい!これ、大事!
横浜メガネ
横浜メガネ
自分が暑いのと寒いの苦手だからね…。

でも、子どもにとっても、暑さ寒さは大切なことですね。

スポンサーリンク

ハローキティのリボン・コレクション

横浜メガネ
横浜メガネ
キティ好きにはたまらないはず。

女の子に人気のある、ハローキティ。
キティとの記念撮影の前に、ハイヒールの形をしたすべり台で遊ぶことができます。

その他にも、展示されているクツやリボンを見ることもできる、キティ好きにはたまらない場所です。

横浜メガネ
横浜メガネ
人気のある場所なんですが、我が家の子どもたちには、ま〜ったく人気がなかったです…。
ハル
ハル
うちの子、3人とも男の子だから、しかたないよ。

キティ好きの子なら、間違いなくテンション上がる場所です。

スポンサーリンク

バートとアーニーのワンダー・ザ・シー

横浜メガネ
横浜メガネ
すべり台を滑り降りると、たくさんの青と白のボールが待っています。
ハル
ハル
子どもって、ボールプールが大好きだよね。

ボールの海に倒れたり、中にもぐったりと、本当に楽しそうに遊びます。

横浜メガネ
横浜メガネ
うちの子たちのお気に入りの遊びは、全身をボールの海に沈めること。

とにかく楽しいみたいです。

こちらのボールですが、毎日洗浄をしているそうなので、安心してあそばせることができますね。

スポンサーリンク

グローバーのコンストラクション・カンパニー

横浜メガネ
横浜メガネ
軽くて大きなブロックを使って、好きなように作ることができます。
ハル
ハル
ブロック好きな子なら、よろこぶこと間違いなし。

穴のあいているブロックに、フニャっとしてる棒をさしてつなげたりして、いろんなものを作って楽しめますよ。

ハル
ハル
子ども以上に楽しんでたよね〜。
横浜メガネ
横浜メガネ
えぇ、まぁ、はい…。

ビッグバードのビッグ・ネスト

横浜メガネ
横浜メガネ
ビッグバードは、黄色い鳥のキャラです。

セサミを知っていれば、1度見たことのあるビッグ・バード。
ビッグ・ネストは、ビッグ・バードの巣をイメージしたジャングルジムです。

1番上まで行ける子もいれば、下のほうで少しだけ登って遊んでいる子もいます。

ハル
ハル
それぞれの子どもで登れるところは違うもんね。
横浜メガネ
横浜メガネ
登れるところまででいいよ。
次に来たときに、上まで登れてると成長を感じることができるよね。

公園にあるジャングルジムと同じくらいの高さがありますが、床がやわらかい素材でできているので安心です。

モッピーのラッキー・ダンス・パーティ

横浜メガネ
横浜メガネ
モッピーとDJのお姉さんと一緒に、自由にダンスをするアトラクションです。

ダンスを踊るだけだから、混んでいないように思いがちですが、子どもたちに凄く人気があります。

ハル
ハル
休日は、親子がたくさんいるよね。

ダンス・パーティの開催時間は、日によって違います。

ショーの時間が書かれているパンフレットか、ダンスパーティ会場入口にある、タイムスケジュールで確認するといいですね。

アビーのマジカル・パーティ

横浜メガネ
横浜メガネ
大きな風船が、子どもたちに人気。

マジカル・パーティには、大きな星型のブロックや風船があります。

ここで、子どもが楽しめるのは、星型のブロックと風船遊びですね。

風船を追いかけたりと、体を使って楽しそうに遊んでいる姿を見れますよ。

ブロックや床は、やわらかい素材になっているので、親は安心して見ていることができます。

アビーのマジカル・ツリー

アビーのマジカル・ツリーは、大きな木の形をしたジャングルジム。頂上から見る景色は最高です。

横浜メガネ
横浜メガネ
大きな木の中は、ジャングルジムになっています。

中にはロープがはられ、はしごを登って頂上を目指します。

ハル
ハル
小さい子には、少し怖いかも。

このジャングルジム、1メートルぐらいの高さで階層が作られています。
下が見えるので、小さな子どもは怖がるかもしれません。

親が付いていくのがいいですが、子どもの安全を考えて作られているので、少し窮屈に感じます。

横浜メガネ
横浜メガネ
でも、頂上から見る景色は、なかなかよかったですよ。

クッキーモンスター・スライド

クッキーモンスター・スライドは、子供が大好きなすべり台。それも少し長めだから、子供は大喜びで何度もすべっちゃう。

横浜メガネ
横浜メガネ
子どもが大好きなすべり台。

途中までなだらかで、最後の数メートルが少しだけ角度が急になっています。

ハル
ハル
お尻にマットを敷いてすべるので、スピードも普通のすべり台より早いらしいよ。

それが子どもには楽しいようで、何回もすべって遊んでいますね。

ウォーター・ガーデン

ウォーター・ガーデンは、子供が大好きな噴水型公園。遊べば濡れること間違いなし。

横浜メガネ
横浜メガネ
びしょ濡れ確定スポット…。

ワンダーランドの奥よりにある、ウォーター・ガーデン。
地面から水がピューっと出てきます。

子どもは、水に濡れないようにくぐったり、水の出る場所を足で踏んでみたり、思い思いに遊べる場所です。

ただし、遊び始めたら濡れます。

ハル
ハル
着替えの用意は、必須です。

アーニーのラバーダッキー・レース

アーニーのラバーダッキー・レースは、大きめのアヒルを浮かべて流してのレースができるところ。大人も子供も楽しめる場所です。

横浜メガネ
横浜メガネ
アヒルのレースが、サイコーに楽しい!

勢いよく水の流れるコースに、アヒルを置くと自然に流れてレースが始まります。

レースと言っても、スタートは自由です。
子ども同士、親子でレースを楽しんでいる方が多くいます。

ハル
ハル
これも、あなたが1番楽しんでたね。
横浜メガネ
横浜メガネ
あはははは…。

実は、ダッキーレース好きです。
子どもと一緒にすると、本当に楽しい。

USJに行かれたら、ぜひやってみてください。
少し濡れてしまうかもしれないので、そこだけは注意してくださいね。

横浜メガネ
横浜メガネ
ちなみに、このアヒル大きいです。
ハル
ハル
初めてみたとき、大きさに驚いたよ…。

ランド・ハッピー・グリーティング

横浜メガネ
横浜メガネ
ワンダーランドでは、定期的にグリーティングがあります。

エルモやスヌーピー、キティなどが、楽しそうな音楽と一緒に登場します。
ダンスをしたり、一緒に写真を撮ったりと、普段出会うことのないキャラクターを目にすることができ、子どもは大よろこびです。

遊ぶときに注意したいこと。

この記事で紹介したものは、子どもたちが体を動かして遊べるものばかりです。

子どもって夢中になると、本当に周りが見れなくなります。

走ったりジャンプしたりしている子も多いので、お子さんからは目を離さないようにしてあげてくださいね。

まとめ。ワンダーランドは、アトラクションに乗らなくても楽しめる!

ワンダーランドはアトラクションだけじゃない遊具だけでも十分楽しめる。

ワンダーランドには、子どもに人気のアトラクションが多くあります。

でも、アトラクションに乗れない、もしくはよやくのりの待ち時間中に、気軽に遊ぶことのできるものがたくさんあります。

どれも、子供たちがよろこぶものばかりです。

遊園地やテーマパークに行くと、乗ったりすることがメインで、体を動かすことが歩くことだけになってしまうことが多いです。

ですが、この記事で紹介したものは、ほぼ体を動かして遊ぶものばかりです。

横浜メガネ
横浜メガネ
そして、待つことはありません。

ワンダーランドでは、アトラクションに乗ったり、体を動かしたり、いろいろな場面で子どもの楽しそうな笑顔をたくさん見ることができます。

ユニバーサルスタジオジャパンへ行ったら、ぜひ紹介した遊具などでも遊んでみてください。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です