きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

職務質問の「123」ってなに?現役警察官に聞いてみた。

スポンサーリンク

フォローする

職務質問時に警察官同士が話す「ひゃくにじゅうさん」の意味について

この記事を読んでいただいているあなたは、職務質問をされたことがありますか?

自慢にはなりませんが、僕は過去何十回と職質をされたことがあります。

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

実際にされてみて思うのは、職務質問なんてされないに越したことはありません。

気分のいいものではないですからね。

職務質問をされたことのある方で、警察官から「123」と言う言葉を聞いたことがありませんか?

僕は何度か聞いたことがあり、「123」と言う言葉が気になったことがあります。

気になったら、詳しいのに聞くのが1番です。
僕には学生時代のつながりで、警察で働いている友人が数人いるので、実際に聞いてみました。

この記事では、職務質問の際に警察官の話す「123」について、どんな意味があるかなどをお話しします。

職務質問の際に出てくる「123」の意味とは?

職務質問の際に出てくるひゃくにじゅうさんの意味は、照会センターへの内線電話番号

まず、1番気になる「123」の意味から聞いてみました。
警察に勤める友人6名のうち、すごく協力的だったA君とのお話を紹介します。

職質されたときに聞いたことあるんだけど、「123(ひゃくにじゅうさん)」ってなに?警察内の隠語なの?

うーん、隠語って言えばそうかもしれないけど、ただの番号だよ。

番号?職質の番号なんてあるの?

違う、違う。照会センターの番号が123なんだよ。

そうなんだ。

そうそう、ただそれだけ。 

聞いたときに、ちょっと残念な気分になりました。
もう少し、かっこい理由があるのかなと期待していたんですよね。

でも、現実は「照会センター」の番号でした。 

123って警察官全員が使うの?

「ひゃくにじゅうさん」や「ワンツースリー」は全国の都道府県警察で使われているのか

職質を何度も受けて気になったのが、「123」を警察官全員が使っていないことです。

と言うのも、職務質問中に「照会」と警察官同士で話している方もいるんです。
そのことについて、聞いてみました。

「123」って、警察官全員が使ってないような気がするんだけど?

お!さすが、何十回も職質されてるだけあるな~、プロだね。

プロじゃないし…。

確かに使っていないよ。「ひゃくにじゅうさん」って人もいれば「いちにさん」、「ワンツースリー」なんて言う人もいる。
転勤前の署にいた先輩は、「ワンツースリー」って言ってたよ。
「ワンツースリーってかっこいいだろ」って言ってたけど、はっきり言って超絶ダサいよなww

確かにダサいねwwで、Aはなんて言ってんの?

 

俺?「ひゃくにじゅうさん」か「照会」だよ。「照会」が多いかな。
「ひゃくにじゅうさん」って長ったらしくてメンドーだから。
でも、一緒に組んでいる人が先輩や上司だったら、その人に合わせるよ。

やっぱり、警察官全員が使っているわけではないようです。

それと、先輩や上司に合わせるってところが、警察組織の縦社会の強さを感じました。

職質の際に使う「123」は全国共通なのか?

Aと話していて気になったのが、「123」は全国共通なのかです。

会社内でも、自分たちにしかわからない隠語があったりしますよね。
僕も経験ありますが、会社内で使っている隠語が、全国共通だと思っていたら、他支社管内で通じなくて、おどろいた経験があります。

ところでさ、「123」って全国共通なの?

うーん、どうだろ?共通なんじゃないかな。

え~、知らないのかよ~。知っといてよ。

お前、他の都道府県警のことまで知らんだろフツー。
そこはBとかC(他の警官の友人)、他の奴らに聞けよ。

あ、あいつらダメ。「教えられない」や「捜査で忙しい」とかで非協力ww

なんか俺、不真面目で暇そうじゃんw
あ、でも前に仕事で関西と九州の県警に行ったとき、「ひゃくにじゅうさん」って言ってたよ

じゃあ、全国共通なのかもね

もしかしたら、各都道府県によっては違うかもしれません。

ただ、後日、A君以外の5名に聞いたところ、全員が「ひゃくにじゅうさん」もしくは「いちにさん」と話してくれました。

照会センターが返答してくるアルファベットと番号は隠語?

照会センターからくる回答のコードやアルファベット、数字には意味があるのか?

職務質問をされたとき、警察官が照会センターへ連絡をすることがあります。
その後、センターからアルファベットと番号を言われているのをご存知ですか?

職質されたときって、免許証などで本人確認をされることがあります。

それをもとに、警察官が照会センターへ問い合わせをし、その回答がアルファベットや番号で伝えられます。

職質されたとき、何度か無線で問い合わせされたことがあるんだよね。
そのときの回答が、数字で伝えてたのが聞こえたことあるけど、あれって何かの略だよね?

あー、あれね、確かに略称だよ。

なんの略称なの?

いやー、それはちょっと話していいのかわからないな…。

ちょっとだけでいいから、教えてよ。ちょっとでいいからさ。

うーん、じゃあ、ちょっとだな。
たぶんお前が聞いたのは、「00(ゼロゼロ)」か「総合ヒットなし」、もしくは「L2号」じゃない?

そうそう、たぶんそれ。

その2つは、犯罪経歴が何もない、もしくは違反や事故歴があることを示しているんだ。

なるほどー、で、で、それ以外は?

あー、もうここまで。それ以上はちょっと、教えられない。
いつか気が向いたら教えてやるよ。
それと、各都道府県警で、コードと犯罪種類の結びつけは違うと思う。はい、終了~。

これ以上は教えてもらえませんでしたが、やっぱり犯罪歴の略称を伝えていたことが分かりました。

ちなみに、犯罪歴のある方だった場合、照会センターから「対象者近くにいますか?」と最初に注意があるそうです。

まとめ。職質の際の「123」は照会センターの番号だった。

友人の協力で、職務質問の際に警察官が話す「123」の意味がわかりました。
まさか、照会センターへ問い合わせる番号だったとは思いもしませんでしたね。

とりあえず、僕には犯罪歴はないので、今後「123しますか?」と警察官同士が話していても、ムダにドキドキする必要はなくなりました。

でも、1番は職務質問なんてされないのことなんですけどね。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。