きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

鎌倉宮のあじさいは、あじさい寺にも負けない魅力がある。

スポンサーリンク

フォローする


鎌倉であじさいを楽しみたい方に、ぜひおすすめしたい場所があります。

その場所は、鎌倉駅からバスで約15分の場所にある「鎌倉宮」。
鎌倉3大あじさい寺に負けないほどの魅力ある場所になります。

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

鎌倉にあじさいを見に行く方って凄く多いですが、明月院や長谷寺、成就院のあじさい寺と呼ばれるところに集中します。

正直言うと、鎌倉の寺社仏閣に行けばあじさいって見ることができます。
そして、どこもきれいです。

でも、今回お話しする鎌倉宮は、他の場所とは少し違って、
・あじさいの花が大きい。
・株数が意外と多い。
・混んでいない。
・遅い時期まで楽しめる。
・そして、きれい。
なんです。

鎌倉宮のあじさいの魅力を知っている方、知らない方に向けて、この記事でご紹介します。

 

鎌倉宮に咲くあじさいの場所。

鎌倉宮には、あじさいの咲く場所が2か所あります。
・鳥居をくぐった左側
・本殿裏にある神苑

上記2か所で、あじさいを楽しむことができます。 

鳥居をくぐった左側(結都実参道)のあじさい。


鳥居をくぐると、左側に本殿まで続くスロープがあります。
そこが、1つ目のあじさいが多く咲く場所になります。

本殿裏の神苑に咲くあじさい。


本殿裏にある神苑には、本当に数多くのあじさいが咲いています。
株数も多く、種類も豊富で、見ごたえのあるものでした。


西洋あじさいだけでなく、額(がく)あじさい(青色で粒粒がたくさんある)も咲いていて、とてもきれいでした。

まとめ。あじさい寺と同じくらい満足できるあじさいがたくさん咲いている。

冒頭でもお話ししましたが、鎌倉宮に咲くあじさいは、株数も大きく、そして花が大きいです。

それと、毎年思う個人的な感想ですが、他の寺社仏閣よりも遅い時期まできれいに咲いている感覚があります。

この記事で紹介している写真は、6月末にお邪魔したときのものになります。
他のお寺などで見ごろを逃してしまった方には、鎌倉宮がおすすめです。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。

鎌倉宮(大塔宮)の各種情報。

拝観時間と拝観料。

拝観時間

・2月~11月:9時30分~16時30分
・12月~1月:9時30分~16時00分
(いずれも受付は30分前まで)

拝観料

拝殿までは無料。
土牢、宝物殿、神苑は有料。
中学生以上:300円
小学生  :150円

駐車場。

なし。
近隣にコインパークあり。

アクセス。

住所

鎌倉市二階堂154

電話

0467-22-0318

最寄駅

JR横須賀線 鎌倉駅。
鎌倉駅からバスで約15分。
大塔宮で下車。

地図