きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

大人になるって、子供のココロをなくすことなのか?

スポンサーリンク

フォローする
 
「なあ、昔みたいに高島屋で『鬼ごっこ』やらないか?負けたらおごりで。」
僕は、意識せずに口に出していた。
 

 

少しずつ大人になっていく。

f:id:yokohamamegane:20170703232104j:plain

子供の頃、大人になったらあんな風になりたい、こんな風になことをしたいと、漠然と思っていた。
ただ楽しいことだけを追求して、過ごしていた小学生の頃。
周りの目なんか気にせずにいれたのは、いったいいつまでだったんだろう。
 
僕は前にこんなことを考えていた。
実家で、懐かしい子供の頃の写真を見たからだと思う。
 
何をするにも本気。
適当に流すことなんてなかった。
初めてのことにも一生懸命。
失敗することなんて考えもしないで、やっていた。
それがいつからか、なくなっていった。
 
少しずつ成長し、大人になっていくにつれて、何かと言い訳をしてやらなくなっていった。
 

本気が消えていた。

f:id:yokohamamegane:20170703232132j:plain

「いつまでも子供のココロを持っていたい」なんてことを、口では言っていた。
 
でも、確実に子供の頃とは違った自分がいた。
 
それが悲しいとも思わない。
何も思わない日々。
 
ふざける事も減っていった。
ふざけたことをしても、本気ではない。
昔は遊びもふざけるのも、本気で楽しんでやっていた。
 
それがなくなっていった。
大人になるって、そんな感じだと思っていた。
 

消えたもの。

学生の頃からの友人と、飲みに行っても話す内容が変わっていた。
20代前半、彼女や車、遊びや頑張っていることの話が多かった。
20代後半、結婚や家族、仕事の話が多くなった。
30代前半、結婚や子供、仕事の愚痴話が多かった。
30代後半、仕事の話ばかり。
 
僕らの中から、遊びの話が消えていってた。
遊びに行っていないわけではない。
家族と誰もが遊んでいる。
 
僕らの中から、共通の遊びが飲むことだけになってしまっているだけ。
 
なんだか寂しいことだ。
いつの間にか、僕らの中から子供のココロがなくなってしまっていた。
 
そんな話が飲んでる時にでた。
いつもの変わらないメンバー。
中には小学校の頃からの友人もいる。
 
僕らは、どうやら無意味に大人になり過ぎていたらしい。
 
いつからか失敗を恐れ、やることすらなくなった事も多くあった。
失敗した経験があるからこそ、それがイヤで逃げていた。
本気でやれば楽しいことも、周りの目を気にしてやらなくなった。
 
やらないことが、どれだけもったいないことかに、気付かないふりしていた。
 

変わらない遊び。

f:id:yokohamamegane:20170703232007j:plain

「なあ、昔みたいに高島屋で『鬼ごっこ』やらないか?負けたらおごりで。」
 
20代前半の頃、学校帰りに何かのテレビ番組を真似てやっていた遊び。
 
僕らは、久しぶりにやった。
たぶん20年ぐらいぶりに。
飲むのを早々に切り上げてやった。
 
横浜駅隣にある高島屋。
閉店までの1時間、「絶対に走ってはいけない鬼ごっこ」
 
3対3に分かれてのチーム戦。
走っても、早歩きもしてはいけない。
5mぐらいに近づかれたら、負け。
鬼は一人3回まで電話することを許されている。
昔と変わらない、鬼が圧倒的に不利な鬼ごっこ。
 
鬼をやって、見事に負けた。
でも、楽しかった。久しぶりに本気で遊んだ。
 
負けたけど、これほど楽しんだのは久しぶりだった。
 
「楽しかった」と、みんなが口を揃えて言っていた。久しぶりに仕事の話が一切出なかった。
 
どうやら僕らの中から「子供のココロ」がなくなっていたわけではなかったみたいだ。
 
変に周りを意識し、「いい大人が子供みたいなことするな」って言葉に縛られていた、ただそれだけだった。
 
縛り、奥底に眠らせていたものを起こしたら、いつもと同じものが違って見える。
 
頭の中というか、ココロがすっきり軽くなったような気がしてならない。
 
「簡単なことだったんだな」
友人の一人が言った。
「毎日、仕事ばかりでつまらなかったよ。退屈で仕方なかった。でも、なんかスッキリしたよ」
 
「そうだな。久しぶりにやってよかった。楽しかった」
もう一人が言った。
 
「でも、次やるなら飲む前にしよう。少し気持ちわりーよ」
その言葉で、みんな笑っていた。
 

おわりに。

f:id:yokohamamegane:20170703232033j:plain

大人になることは、誰にも止められない。
社会に出れば、やりたくないこともやらなければいけない時もある。
 
そして、ココロが疲れ、縛られ、大切なことを眠らせてしまう。
仕事は本気、遊びはテキトー。
 
ほんの数年前の僕ら。
 
仕事も遊びも本気でなければいけない。
どちらかだけの人間に魅力があるのか?
ない。中途半端でしかない。
 
魅力的な大人は、本気で遊んで楽しんでいる人が多い、ONとOFFを大切にしている人。
 
そんなカッコいい大人から、僕らはいつの間にか離れていっていた。
くだらない事を考え、意識し過ぎてた。
何かを犠牲にし過ぎてたいたんだと思う。
 
それが当たり前だと思いながら過ごしていた。
僕らだけでの特異事象ではなく、そんな人は多い。
 
あなたは、どうですか?