きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

JR九州の電車が想像以上にヤバい。センスあり過ぎる車両一覧。

スポンサーリンク

フォローする

f:id:yokohamamegane:20170303210934j:plain

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

先日こんなことを思いました。
「九州の電車やばくねーか」って。

JR九州の電車がかっこよすぎてヤバいです。
僕は先日知りましたが、あなたはご存知でしたか?
JR九州の列車のデザインがハンパなくかっこいいことを。
 
僕がJR九州の電車を知ったのは、子供と一緒に見ていた電車図鑑。
ゆふいんの森やソニックは知っていましたが、それ以外にも観光列車にカッコいい車両がたくさんあることを知りました。

車体、ネーミング、デザイン、内装、どれを見ても
「カッコよすぎる」。
僕の住む横浜近郊に、こんな電車は走ってませんし、こんな名前の電車は走っていません。

ちょっと調べてみましたが「JR九州の観光列車に乗って旅行したい」って思える列車ばかりでした。
では、JR九州の観光特急電車の車両を紹介します。

 

特急 ゆふいんの森。 

 
鹿児島本線、久大本線を走って、温泉で有名な湯布院や別府へ向かいます。
博多駅〜湯布院駅間を約2時間10分、博多駅〜別府駅間を約3時間10分で走っています。

車体カラーは、グリーンメタリック。
海外の観光特急のような車両です。
座席が高い所にあるハイデッカー車両で、山や森の景色がよく見えます。

内装は、温泉地へ向かうリゾート列車ということもあり、とても豪華な作りになっています。
電車では珍しい、車両ごとにFree Wi-Fiが提供されています。

f:id:yokohamamegane:20170303211029j:plain
出典:JR九州ゆふいんの森

おもちゃのプラレールを子供が持っていたので知っていましたが、調べてみて思ったのは想像よりも内装などが、豪華だった。

いつか乗ってみたいですね〜。

 

特急 あそぼーい。

 
阿蘇山の噴火のカルデラを走る観光特急で、編成の前後に展望が楽しめるパノラマシートがあります。

車体カラーはブラックとホワイト。
車内外はキャラクター犬のくろちゃん(本名:あそくろえもん)のイラストでいっぱい。

この電車の特徴は、子供連れのファミリー層を凄く意識したところだと思います。
車内に楽しい遊び場があり、絵本が読める図書室や、木のボールで遊べるボールプールなどがあります。

現在は、熊本地震の影響で運行していません。
 
「あそぼーい」って名前がすごい。
普通に考えたら、採用しない名前なんじゃないかと思います。

でも、子供のいる家庭なら本当に楽しみながら乗れそうです。
電車も最初はいいんですけど、段々と子供は飽きてくるものですからね。
ボールプールなんてあったら遊んじゃいますよ、僕が。
 

特急 A列車で行こう。

 
熊本駅〜三角駅間を約40分で走り、車内にバーがありジャズが流れる、他の電車とは違った楽しみかたができる三角線の観光特急。

車体カラーはブラックとゴールド。
色から豪華な電車だと想像できます。

窓の上部にステンドグラスがあったりと、内装が凄く豪華な作りとなっています。

終着駅の三角駅から、船やバスに乗り換えて、天草の島に行くことができます。
 
昔やっていたゲームを思い出してしまいます。
確かプレステだったような。

電車にステンドグラスって、見たことないです。
観光特急は、何回か乗ったことありますがステンドグラスは見たことない。

そして、バーが気になる。

特急 海幸山幸。

 
日南線を走る観光列車。
宮崎駅〜南郷駅間を約1時間30分で走る、宮崎県に伝わる神話の人物の名前が付いた列車。

車体カラーはホワイトを基本として、車体横に飫肥杉(おびすぎ)が使われています。

車内にも、地元の飫肥杉が使われていたり、ソファシートやリクライニングシート、車椅子スペースがあったりと列車の旅を楽しませんてくれそうです。
 
海幸山幸の手作り紙芝居サービスもあるそうです。
 
この車両、かっこいいです。
個人的に好きですね。
レトロな感じの車体に、ホワイトと杉を使っているところに凄く好感が持てました。

オシャレすぎるぞー!

特急 いさぶろう・しんぺい。

 
熊本〜吉松間を約2時間50分、人吉〜吉松間を約1時間30分で走り、ループ線やスイッチバックのある、肥薩線を走る観光列車。
景色の美しい所では、徐行や一時停車をします。
 
「いさぶろう・しんぺい」の名は、吉松〜人吉間の建設時の逓信大臣 山縣伊三郎、開業時の鉄道院総裁 後藤新平が由来だそうです。
 
この電車の面白いところが、行って戻ってくるときに車名が変わるところ。
吉松行きが「いさぶろう」、熊本・人吉行きが「しんぺい」となっています。

往路と復路で同じ電車を使っているのに、名前が変わるのって珍しいですよね。
九州の鉄道事業に貢献した2人の偉人を外せなかったんでしょうね。
 
いさぶろう派としんぺい派がいたんですかね。

特急 指宿のたまて箱。

 
鹿児島中央駅と温泉で有名な指宿を約50分で走る観光特急。
扉が開くと、玉手箱の煙のようなミストがドアの上から出ます。

この電車の最大の特徴は車体カラーですね。
ブラックとホワイトが半分ずつのカラーリングの電車は見たことがないです。

車椅子のまま景色を楽しむことができるスペースや子供用に背の低くしたキッズカウンター、本棚のあるソファコーナーなど、色々と考えられている電車だと思います。
 
子供が本を見て必ず言うのが「変な電車〜」です。
でも、そんなことを言いながらも、名前はしっかりと覚えています。
 
一度見たら忘れられない電車ですよね。
JR九州さん、そのカラーリング正解でしたよー。

特急 はやとの風。

 
吉松駅〜鹿児島中央駅間を約1時間30分で走る観光特急。
 
車体カラーはブラック。
車両内装には、木の温もりを感じてもらうために、多くの木材が使われています。

車両の中央部に展望スペースがあり、桜島や霧島など、南九州の名山を眺めることができます。
 
真っ黒な車体カラーって、あまり見ないですよね。
関東近郊なら伊豆急の黒船電車、あとは汽車ぐらいなような気がします。

883系 ソニック。

 
欧米の鉄道のような車両。
青と白のソニックがあります。白いソニックは、青のソニックと形が異なり、博多と長崎を結ぶ「かもめ」に似ています。
 
ソニックはJR九州初の制御付き自然振り子式車両で、博多駅〜大分駅間を20分も縮めたそうです。
ブルーメタリックの車体カラーが近未来的で、号車ごとに座席の色使いも違っています。
 
これも子供がプラレールで持っていますね。
この車両、かっこいいんですよ〜。
 
ブルーメタリックで、車体がフランスのTGVみたいで、なんかこう「シュッ」としていてかっこよくないですか?
 

特急 かわせみ・やませみ。


2017年3月4日
に運行開始された特急電車。
熊本駅〜人吉駅を約1時間30分で走るそうです。

1号車が「かわせみ」、2号車が「やませみ」で、車体カラーは、かわせみが青、やませみが緑となっています。
 
内装は人吉球磨の森をイメージし、家具や窓枠には人吉球磨産のヒノキを使用。
床板には地元産のスギなどを使用しているそうです。
 
八代駅〜人吉駅の間は、日本三急流の一つ、球磨川沿いを走るため、車内から見る景色を楽しむためにカウンター席も用意されています。

色の違う車両が連結して走るなんて、素敵です。
僕は車体に鳥の名前を付けていたので、車体カラーも鳥をイメージしたものだと思っていました。

だから、「かわせみが青なのはわかるんですけど、やませみって緑じゃないからなんでなんだろう?」
って思っていたら違いました。
 
沿線を流れる球磨川と森をイメージしたカラーリングでした。
深いですね〜。

JR KYUSHU SWEET TRAIN 或る列車。

 
佐世保駅〜長崎駅間を約2時間20分、大分駅〜日田駅間を約2時間20分で走る電車。
 
車体カラーはゴールド。
内装も凄く豪華な作りとなっていてます。

この「或る列車」とは、明治時代に九州鉄道がアメリカ ブリル社に発注をしましたが、九州鉄道が国有化されてしまったために、活躍することがなかった幻の豪華客車だそうです。
 
この車両は前にテレビで見たんですが、本当に凄い。
車体がゴールドってところで、ヤバさを感じさせてくれます。
ゴールドカラーの車両なんて見たことないです。
 
そして、内装なんかも貴族が食事を楽しむような感じですよね。
社交ダンスとかしちゃいそうです。
 

クルーズトレイン「ななつ星in九州」。

 
クルーズトレインとして、運行中。
コースが2種類用意されていますが、定期的に変更されます。
博多駅を出発、佐世保駅、長崎駅、湯布院駅を通って博多駅に戻ってくる1泊2日コース。
博多駅を出発、湯布院駅、宮崎駅、鹿児島中央駅、八代駅を通って博多駅に戻ってくる3泊4日コース
 
停車駅は上記以外にも多数ありますが、長くなるので割愛しています。
 
ななつ星はクルーズトレインとしては、最高級だと思います。
JR東日本が運行していた「カシオペア」とは、また違ったものだと思います。
 
カシオペアは「現代をイメージした設備」、ななつ星は「昔をイメージした設備」だと思います。
 
凄く乗ってみたいですね。
でも、高いですよね〜。
富裕層をターゲットにしているらしいですよ、この列車。
 
そうなると、どうやら僕はターゲット外らしい。
 
だけど、いつか乗ってみたい。

JR九州D&S列車とは?

今回JR九州の観光特急を調べていた中で、気になった言葉があります。
そでは「D&S」。

「D&S」も調べてみましたが、「Design(デザイン)&Story(ストーリー)」の略称でした。
テーマパークのように地域に個性があり、旅することが楽しくなる九州。沿線の風土や車窓の風景を思いっきり楽しんでいただくために、JR九州の列車は個性溢れる洗練されたルックスやインテリアはもちろん、ユニークな仕掛けが満載です。"足"としての移動に便利なだけでなく、乗ることそのものが、忘れられないイベントになるD&S列車の旅。たくさんのワクワクと物語を乗せて九州各地を駆け抜けます。
出典:JR九州D&S(デザイン&ストーリー)列車
なんだか素敵なコンセプトで運行されている列車だと言うことが分かります。

確かに調べていて思ったことは「その土地土地を凄く大切にしているんだな」ってことです。

全ての車両ではありませんが、D&S列車の多くに地元でとれる杉の木などを多く使われていました。
また車内で販売されているお弁当なども、地のもの多く使っている印象が持てました。

それ以外にも、新型車両もあるなかで、以前から使用していた車両をリニューアルし運行しているものもあり、それがまたどこか懐かしく感じオシャレだとも思えました。

従来電車は観光目的地に行くために乗るものでしたが、JR九州のD&S観光列車はそれに乗ることを目的に作られています。

「電車に乗ることを目的に旅をする」なんてことも、普段と違っていいですよね。

まとめ。JR九州の列車はかっこよすぎる。

車体カラー、ネーミング、内装など、JR九州は間違いなくセンスがあると思います。

僕の住んでいる神奈川や関東近郊にはないですよ、こんなセンスの溢れた電車。
よくて、「スーパー」とか「スーパービュー」とかです。

そして、木材をたくさん使っている車両が多いことも分かりました。
電車の内装には、鉄やプラスチックが多いです。
でも、今回紹介した車両では木材を多く使っていました。

乗車したお客さまに、木のやすらぎと温もりを感じてもらいたいという意図を感じることができました。

一度見たら忘れない車体、一度聞いたら忘れない名前、一度乗ったら忘れない内装。
いつか乗ってみたい電車ばかりでした。

九州へ旅行に行った際に乗れば、間違いなく思い出に残りますね。

では、また〜。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
 
 
 
 
BT×