きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

建長寺の見どころは?鎌倉観光の名所、建長寺を写真と一緒に紹介!

スポンサーリンク

フォローする


鎌倉に多くある寺社仏閣の中に、鎌倉五山と呼ばれているお寺が5つあります。

鎌倉五山とは、鎌倉幕府執権北条氏が南宋の五山制度を導入し、主な禅刹を五山と呼ぶようになりました。

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

少し堅苦しいお話をしましたが、簡単に話すと凄いお寺です。(←簡単すぎ....。)
鎌倉五山は、
・第一位 建長寺(正式名:巨福山建長興国禅寺)
・第二位 円覚寺(正式名:瑞鹿山円覚興聖禅寺)
・第三位 寿福寺(正式名:亀谷山金剛寿福禅寺)
・第四位 浄智寺(正式名:金峰山浄智寺)
・第五位 浄妙寺(正式名:稲荷山浄妙廣利禅寺)
と、5つのお寺を指しています。

今回は、鎌倉五山第一位の建長寺にお邪魔してきたので、見どころなどを写真と共にご紹介します。

建長寺の見どころは?

とても広い境内を所有する建長寺。
普通に歩いて見て回るだけで、1時間はかかります。

僕みたいに写真を撮りながらですと、1時間30分は軽く超えますので観光スケジュールを計画するときは、時間に気をつけたほうがいいです。

ですが、見どころがたくさんあるので、おすすめできます。

建長寺の見どころ1:総門から三門(山門)へつづく参道がテンション上がる。

建長寺の入口である総門か三門へつづく参道は、春に訪れると桜とぼたんが咲き乱れ、人気のあるスポットになります。


さくらの咲く季節には、ピンク色のトンネルができることで有名な参道。
行ったときは、きれいな緑のトンネルができていました。

建長寺のフェイスブックに、さくらの写真があったので載せておきます。


さくらの木の下に咲いていた、ぼたん。
とても大きな花で、一緒に行った子供の顔と同じくらいの大きさでした。

建長寺の見どころ2:三門(山門)がとにかく大きい。


通常「さんもん」は山門と書かれますが、建長寺では三門と言われています。

三門とは「三解脱門」の略で、門の下を通ると心が清浄になると言われています。
楼上に、五百羅漢などが安置されていることが理由だそうです。


三門上部に、建長寺の正式名所が書かれた扁額があります。
すごくかっこよくて、僕のお気に入りです。

建長寺の見どころ3:国宝の梵鐘は必見。


国宝に指定されている、建長寺の鐘。
関東一美しい梵鐘と言われています。

ですが、意外と参拝客は三門を通りながら
「チラッ」
と見て終わりの方が多いです。

もったいないので、必ず見てくださいね。
あの、夏目漱石も見ています。

「鐘つけば銀杏ちるなり建長寺」
夏目漱石が作った有名な句です。

夏目漱石が作った句を参考に、正岡子規が有名な句を作っています。
「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」
有名ですよね。

建長寺の見どころ4:建長寺の柏槇(びゃくしん)が迫力ありすぎる。

三門から仏殿へ向かう参道にある、神奈川県名木百選に選ばれている柏槇(和名:イブキ)。
樹高13m、胸高周囲6.5mという、とんでもない大きさです。
目の前で見ると、その大きさに圧倒されます。

樹齢760年(推定)と書かれていましたが、想像もつかない年月です。


真ん中に写るのが柏槇です。
近くからだと、全景がファインダーに収まらなかったです。

建長寺の見どころ5:重要文化財の仏殿と法堂が荘厳!


三門から参道を通って行くと、仏殿と法堂(はっとう)があります。

重要文化財の仏殿


建長寺の本尊地蔵菩薩を安置し、法要を行う場所になります。
法要は、毎月1日、15日、23日、24日に行われます。

仏殿は、1647年に東京 芝にある増上寺より移築したものだそうです。
そんな昔に、この大きさのものを移築するって凄いですよね。

仏殿内に描かれている絵や装飾、少し色あせてしまっていますが、とてもきれいです。
建築当時は、より荘厳だったんででしょうね。

重要文化財の法堂

建長寺の法堂は、木造建築では関東最大級だそうです。
本来、仏像は祀らないそうですが、現在は千手観音菩薩を祀ってあります。


千手観音菩薩手前が、釈迦苦行像と呼ばれるもので、大変珍しい像だそうです。

お釈迦様が苦行(断食)を行い、顔にヒゲを生やしている姿の像なんですが、なかなか見ないですよね。

こちらの像、パキスタン国より建長寺に寄贈されたものですが、パキスタン政府から公式承認され、唯一国外への持ち出しが許可されたものだそうです。


建長寺創建750年を記念し奉納された、雲龍図。
法堂の天井描かれていて、畳約80畳分もある巨大なものです。
目の前で見ると圧倒されます。

建長寺の見どころ6:見た目が豪華な唐門は、子供もよろこぶ。

仏殿と同じく移築された門で、移築前は仏殿の前にあった門だそうです。

遠くから見ても、存在感が凄くあります。
そして近くから見ると、より豪華さがあります。


今回の参拝は、子供と一緒に行きましたが、唐門は僕よりも子供がよろこんでいました。

金色と黒なので、豪華に見えたんでしょうね。
すごく楽しんでいました。

建長寺の見どころ7:方丈(龍王殿)と庭園は絶対に見たほうがいい場所。

方丈は、本来住持が居住する場所ですが、現在は、法要、座禅、研修の場として使われています。

柵がされているので中までは入れませんが、手前の畳部分に座ることができます。
ぜひ、立って見るだけでなく座ってみるといいと思います。


庭園は、日本最古の禅庭園になります。
方丈裏側にあり、イスがあり座りながらゆっくり眺めることができます。

見どころ以外で個人的に好きな建長寺の場所。

方丈の横に、天園ハイキングコースにつながる道があります。
紅葉の季節になると、とてもきれいです。


紅葉以外の季節は、きれいな緑が広がっています。
陽の光に照らされていると、黄緑に見えてとてもきれいなので、歩いているだけで気持ちのいい場所です。

まとめ:見所の多い建長寺は、鎌倉観光で一度は行っておきたい。

写真と共に建長寺の見どころを紹介しましたが、間違いなくすべての魅力を伝えきれていません。

ぜひ鎌倉観光の際に、一度は行ってみていただきたいです。
今回紹介させていただいたところ以外にも、必ずお気に入りとなる場所があると思います。

この記事を読んで、あなたのお気に入りの見どころがみつかったらうれしいです。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。

鎌倉五山第一位 建長寺 各種情報。

建長寺とは?

建長寺は、鎌倉幕府第5代執権 北条時頼が開基(創立者)、南宋の禅僧 蘭渓道隆が開山(初代住職)となっています。

建長寺の本尊が地蔵菩薩なのはなぜ?

建長寺の本尊は一般的な釈迦如来像ではなく、地蔵菩薩となっています。
これには理由があります。

建長寺のある場所は、創建前は処刑場として使用され、地獄ヶ谷と呼ばれていました。

地獄ヶ谷には、地蔵菩薩を本尊とする心平寺というお寺がありました。
その後建長寺が創建され、地蔵菩薩が建長寺でも本尊となったそうです。

建長寺発祥のけんちん汁。

家庭でよく作られるけんちん汁、実は建長寺が発祥の精進料理になります。

日本では、煮るか焼くの調理法しかありませんでしたが、建長寺初代住職 蘭溪道隆がけんちん汁の具材を油で炒めたことで、炒めるという調理法が広まったそうです。

また、けんちん汁の崩れた豆腐ですが、調理しているときに弟子が落とした豆腐を、初代住職が水で洗って鍋に入れたところから、崩れた豆腐になったそうです。

食べたことのある料理が生まれた話って、知るとおもしろいですよね。

拝観時間と拝観料。

拝観時間

8時30分〜16時30分

拝観料

・大人 500円
・子供 200円(小中学生)

駐車場。

あり(約30台)
普通車 1時間600円。
最大料金設定なし。

アクセス。

住所

神奈川県鎌倉市山ノ内8

電話

0467-22-0981

ホームページ

大本山 巨福山 建長寺 | 臨済宗建長寺派 大本山 建長寺の公式ページです

最寄駅

JR北鎌倉駅 徒歩約25分
JR鎌倉駅     徒歩約35分

地図