きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

子供部屋の広さは?広いのと狭いのどっちがいい?4.5畳は狭い?

スポンサーリンク

フォローする

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

 
『横浜市内に家を建てる。その9』です。
「その8」を読んでいない方は、下記から読めます。
 
僕には3人の子供がいます。
メーカーを決めて建てる際の間取りは、4LDKを考えています。
考えていると言うか、4部屋ないと喧嘩の原因になってしまうことが想定される…。

なので、1階にリビングと夫婦の寝室を作って、2階を子供達の部屋のみにして少し広くするか、はたまた2階に4部屋全て押し込むか…。

契約もしていないのに早い気もしますが、考えるのが楽しいので自然と考えてしまいます。

そんな妄想を膨らませてる中、一つのハウスメーカーで聞いた話が、「へぇ~」だったので話します。
正直なところ、「子供部屋は広いほうがいい」と思っていたのでイメージが変わりました。
 

 

子供部屋の広さで悩んでいる方って多いらしい。

僕の妄想している子供部屋のことは、意外と悩んでいる人が多いそうです。
凄く広い土地に、大きな家を建てる人なら悩まないと思います。
 
でも今の日本の住宅事情をみると、平均25~40坪ぐらいの広さの土地に家を建てている方が多いそうです。
そうなるとリビングや各部屋の広さって、ある程度決まってしまいますよね。

「子供部屋を広くして、居心地のいい部屋にしてあげたい」
そう思う親は少なくないはずです。
僕自身もそう思っていました。

新しく家を建てるなら、
「最低でも6畳の広さがある部屋を子供たちに与えたいな」
なんて思っていました。

ですが、先ほども話しましたが、多くの家が25~40坪ぐらいだと思います。
僕が建てようとしている広さも、30坪ぐらいが金額的に限界かな〜と思ってます。
 
僕が妄想していた2階に4部屋だと、子供部屋が4.5畳ぐらいしか取れません。
子供部屋に置く家具ですと、ベッドや机、タンスに本棚。
最低でもこれぐらいは置きます。

上記の4点置くだけで確実に部屋がいっぱいになってしまいます。
居心地がいいかと言えば、とても居心地のいい部屋とは思えません。

とは言え、家の広さには限界があります。
今だけでなく、しっかりと成長してからのことも考えないといけないので、子供部屋の広さには悩んでしまいます。

子供部屋は広さは?狭い、広い、どちらがいいか相談してみました。

悩んでいるなか、あるハウスメーカーを初訪問したときに、間取りの話になりました。

普通ですと、初訪問したときってあまりこまかい部屋の広さなど話さないことが多かったです。

でも、悩んでいることを相談したかったので、早いと思いながらも子供部屋のことを話しました。
 
僕の勝手な考えでしたが、
「最低でも6畳は必要です」
って回答がくると思っていましたが、営業担当さんから意外な言葉が返ってきました。

子供部屋をあえて狭くする設計をしている。

営業担当さんいわく、
「昔は確かに子供部屋にも広さを求める人が多かったですが、今はそうでもないです」
「居心地が悪いって言えば語弊ありますが、あえて狭くしている人が多いですね」
返答をきいて驚きました。

「狭くなってしまう」ではなく、「あえて狭くしている」。
驚きです。
普通なら、広くしたいと思うわけですよね。
でも、狭くしていることに驚きです。

広々とした部屋で、のびのびとって思うんですよね。
ちなみにドラえもんに出てくる「のび太」の部屋は6畳。

でも、6畳は必要かと思うんです。
だって、狭い部屋だと寛げないし。
のび太は部屋でゴロゴロ転がってるし、僕ももそうだったのでそれぐらいは必要かと思います。

子供部屋を狭くする理由。

営業担当さんの説明だと、
「部屋にこもらせない」のが大きな理由らしいです。

広々としたリビングに家族を集めるようにして、気持ちの繋がりを持たせることに重きを置きたい人が増えてるそうです。
以下は理由を説明してくれたものです。

・子供部屋で一人で勉強するよりも、親が家事をしていることの多いリビングで勉強する方が、親の存在を感じられてリラックスした状態で集中することができるのも実証されているそうです。

・子供達へアンケートを実施したところ「子供部屋は怖い」ところだそうです。一人で閉ざされてるところにいるってことが理由らしい。

・中高生になってテレビやパソコンを置く場所があると置いてしまい部屋から出てこない時間が増えてしまうそうです。なので、子供部屋を狭くして、テレビなどを置けないようにしてしまうそうです。

・一人にすることがないようにし、なるべく孤独感を与えないようにする。
 
以上については、どこかの大学の先生(忘れた)が調査実証したものだそうです。
聞いて思ったのは、確かにそうかな。と妙に納得してしまいました。

まとめ。子供部屋4.5畳は今では普通の広さになっている。

部屋については、契約して設計してもらう段階までに決めようと思ってます。
ただ、聞いた話を基に考えていこうかと思いました。

言われてみて思ったのが、一番上の子は部屋を持っているのに使うのは、基本的に寝る時だけがほとんど。

勉強はダイニングテーブルでやっていることが多く、下の子たちがテレビを見たりしている時だけ部屋でやっています。

机はあっても使わなければ、ただの物置になってるだけですし、場所も取ります。
家を建てる時には子供たちの部屋には、大きくなってからも別のことに使えるように、設計段階から壁に長い板を付けて机代わり(なんて名称なのか分からない)にしようかと妄想を膨らませています。
 
では、また〜。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。