読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

30代のオッサンがブログを読んで思うこと。10〜20歳代は特に話を聞いてくれ。

スポンサーリンク

フォローする

f:id:yokohamamegane:20170103225035j:plain

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
今回は10代〜20代の方達へ、ブログを読んでブログを始めるようになってから感じていることを話したいと思います。
 
思うままに書いたので、考えて書いてないので変なとこあったらごめんなさい。

 

 
読むたびに思うこと。
 
僕は平成27年の9月にlivedoorでブログを始めました。
それから昨年の平成28年の9月にはてなブログへ引っ越しました。
 
livedoorブログの時は、他のブロガーと特に絡むことなく読むだけでしたね。
 
でも、はてなに引っ越してから少しずつコメントをしたりtwitterやLINE@で絡ませてもらうようしました。
 
理由は簡単で、ブログを書いている人のことをもっと知りたいと思ったから。
 
ブログを読んだりコメント、メッセージをやり取りして自分より年下の方達の考えや思いが凄く伝わってきました。
 
伝わってくる中で僕が思うことは3つ。
・しっかりと自分を持っている。
・羨ましい。
・刺激をもらえる。
 
ほとんどがこの3つのことを思います。
 
自分を持っている。
 

f:id:yokohamamegane:20170103225014j:plain

たくさんのブログを読んで思うことの1つ。
 
僕が同年代だった頃と比べてみて、どうだったんだろと考えると正直素直に勝てているとは言えないです。
 
自分で考え、先を見て行動し、それをまとめて情報として発信している。
 
僕ができていたのは、行動まで。
 
ネット社会が今ほどではなかったと言えばそうかもしれないです。
 
携帯電話も普及して数年、パソコンもデスクトップが中心の時代で、インターネットを気軽に利用している人が周りにもあまりいなかったです。
 
今みたいに、誰もが簡単にインターネットに接続できる時代ではなかったのは確かですが、じゃあ、できたとしてやったかと聞かれればやらなかったと思います。
 
情報を発信するという考えに及ばなかったと思う。
 
現に、ブログを始めたのも2年前。
これだけ情報発信ができる環境が整っている社会ですらやってこなかった。
 
情報を発信するって簡単そうで思っているよりもずっと難しいです。
 
発信するためには、知識を得たり、体験したりしなければできません。
 
それを誰かに伝えるためには、分かりやすくまとめなければならないです。
 
まとめるってことは、そこで初めて自分のものになることではないのかなと思います。
 
深く、広く、そして自信を持っていなければできないこと。
 
自分のものになるってことは、幅も広がってしっかりと多角的に見ることができるってことになりますからね。
 
特に10〜20代半ばまでの僕にはなかったことです。
 
深さが足りない。
広さが足りない。
自信が足りない。
 
今思えば、どれかが確実に足りなかった。
それを補うこともしていなかった。
自分の中だけで満足していた。
 
それじゃダメなんだよね。
絶対的に不足していて、いずれ見透かされてしまう。
 
僕の好きなブロガーには、それができていると思える人が本当に多い。
 
「ブログをやれ」とは言いませんが伝えることをしたほうが絶対にいい。
 
見たこと聞いたこと体験したことを自分の中だけでなく、誰かに伝えることができる人はどの世代でも必要とされます。
 
どんな職種でもです。
人と関わる仕事なら尚更です。
 
「まだ若いから必要ない。自然と身につく」
確かに自然と身につくことだとも思う。
でも経験上、早ければ早いに越したことはないです。
 
そのためには意識して行動することが大切になりますからね。
やっておいて損はないよ。
 
羨ましい。
 

f:id:yokohamamegane:20170103224945j:plain

20代のブロガーが凄く羨ましいです。
 
妬みではなく、素直な気持ち、良い意味での「羨ましい」です。
 
20代のブロガーを見ていると、とにかくフットワークが軽い。
「やりたい」と思ったことは行動に移す。
これって自分の武器として最高のものの1つ。
 
それが凄く羨ましい。
 
僕は30代サラリーマン、結婚して家族を持つと昔みたいにフットワークよく動けなくなることが多い。
 
こんなこと書くと、「仕事辞めればいい」「結婚なんてしなければいい」って言われてしまうかもしれない。
 
だけど、後悔しているわけではないんだ。
 
フットワークの軽さがなくなってしまったけど、その代わりとなるしあわせはあるんだよね。
 
でも、できることならそのフットワークは持ったままのほうがいい、絶対に。
 
結婚したら失う力ではダメなんだ。
いつまでも持っていることができるから、輝く強いものになるわけだから。
 
これから就職する人、今すでに働いている人。
フットワークを軽くするためには、お金は必要だよ。
やりたいと思うことがあっても、お金がなければできないことが多い。
 
今働いている会社がいつまでも続く保証なんてどこにもない。
続いても会社からもらえる給料が下がらないなんてことも誰も分からない。
 
なんでもいいから、もしもの時のためとフットワーク良く動けるために何かしらしておいたほうがいい。
 
僕はブログでそれを叶えようとしています。
ブログじゃなくてなんでも良いから、動いといたほうがいい。
 
分からないなら調べてみよう。
答えは自分で探したほうがいいに決まっているし、答えが出たならそこから先は誰かが教えてくれる。
ネットで検索すればたくさんの情報が出てくるしね。
 
そしてやるなら20代、もしくは結婚する前をオススメするよ。
やっていれば相手にもそれが普通に受け入れられるから。
 
普通の考えかただと思うけど、結婚すると安定を望んで、不安定に繋がる可能性のある変化を嫌う人が多いからね。
 
早いうちに行動することが大切だと思う。
 
刺激的。
 

f:id:yokohamamegane:20170103224913j:plain

ブログを始めてから色々な人がいることを知った。
 
僕にないものを持っている人が本当に多い。
とにかく刺激的な人が多い。
 
僕の20代の頃と全く違った生きかたをしている人がたくさんいた。
 
前に記事にもしたことあるけど、僕の20代は子供の頃からの夢を叶えるためだけに時間を費やしたと言っても過言ではないぐらい、それだけに力を注いだ。
 
行きたいとこ、やりたいこと、全てではないけど我慢に我慢を重ねたことが本当に多かったです。
 
ちょっと普通の20代とは違う生きかたを選んでしまった。
 
でも、これも今は後悔していない。
 
刺激をくれる人たちと唯一共通していると思うことは、目的ややり方が違ってはいるものの自分の夢というかやりたいことや目的を叶えようと日々努力しているところ。
 
それも楽しみながらそれに向かっている。
そしてそれ自体を発信して、共感を持って応援してくれる人を更に力にして進んでいる。
 
彼、彼女たちの目的の場所がどこにあって、どのように考えて実行し、前を向いて進んでいるのかは細かいところまでは正直分からない。
 
でも、それに向かって楽しみながら頑張っていることは凄く伝わってくる。
 
読むたびに刺激をもらえて、「僕も頑張らなくちゃ」って思わせてくれる。
 
文章だけで人に何かを与えられるのって本当に凄いことです。
 
テレビや新聞、本を読むだけでなく、誰かが書いているブログを読んでみて。
 
考えられて書いたもの、感情のままに書いたもの、手紙を読んでいるように書かれたもの、色々な書きかたがあって本当に楽しい。
 
特に同世代の人が書いているものを読むと間違いなく刺激となるはずです。
 
まとめ。
 

f:id:yokohamamegane:20170103224846j:plain

僕はブログを読むたびに考えかたや思うことにもたくさんのことがあることを知ります。
 
1つのことに対しても、たくさんの考え方があるんだなと思う。
 
新聞や本などを読むのはもちろんだけど、ブログも読んだほうがいいです。
 
もっと早く出会って読んで、初めてたら良かったと後悔してしまう所がすごく多いです。
 
読んでみることを強く思う。
10〜20代の人には特に。
 
自分で始めなくても、読むだけでも全然違うから。
 
では、また〜。
 
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
 
 
BT◯