きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

沖縄への移住。移住を考えたときの問題点。

スポンサーリンク

フォローする


こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

このブログで初めて沖縄旅行した時のことを書いていますが、最終的には沖縄に移住したいと思っています。

沖縄に行ったことある人、ない人でも沖縄に住みたいと一度は思ったことある人は多いのではと思います。

僕の場合はずっと住みたいと思っていた訳ではなく、数ヶ月前から移住したいと思うようになりました。

ですが、隣の町に引っ越すのと訳が違うので、簡単には実現できないことも分かっていました。

 

なぜ沖縄が好きなのか?

僕は初めて沖縄旅行に行った際に、完全に虜になってしまいました。
4泊で行ったのですが、無理やり2日伸ばそうと頑張ったぐらい。
航空機のチケットが取れなく断念しましたけどね。

好きになった理由は下の4点。
・海が綺麗、空が綺麗。
・基本、親切 &あったかい人が多い
・せかせかした空気が漂っていない。 
・食べ物が美味しい。

並べてみると、なんだか子供っぽい理由ばかりです。
理由がこんなだからだと思いますが、当時は「沖縄に行きたい」と思っていましたが、それはあくまでも「旅行で行きたい」ぐらいにしか思っていませんでした。

魅惑の二文字。

普段から沖縄に行きたい思っていたので、毎日の様に、色々な観光サイトや本を見ては綺麗な景色を見たり、次に行きたいところを探したりしていました。
妄想です、妄想の日々です。

そんな妄想の日々を過ごしていた中で、「移住」と言う二文字が目に入りました。

色んな沖縄情報を見てましたが、移住と書かれていたのはそれが初めてでした。
衝撃的でしたよ、旅行ではなくあれが日常になるのかと思うとワクワクして仕方ありませんでした。

ただ、現実を見ると話が大きくて漠然と思っていただけです。

移住は簡単にはいかない問題がいっぱい。

さて、漠然と移住を考え出した時、色々な問題がある事が分かりました。
旅行に行くのとは違いますから当たり前なのですが、これは中々難しいなと思いました。
・住む家

家を探すのって大変です。
今、住んでいるところも、何箇所も回ってやっと条件に合うところが見つかりました。

駅までの距離、子供の学校、周辺環境等いろいろなことを考えて、条件に合ったところに引っ越すのが普通だと思います。

ですが、住んでいるところと離れすぎているため、いくつかリストアップ後に連絡してから現地不動産巡りをするしかないのかと思っています。

・引っ越し代
調べたらバラツキがありますが、僕の家族構成上20〜30万は掛かりそうです。
処分できるものはしないともっと掛かるんだろうなと思います。

ただ、処分して新たに買うのと、持っていくのとどちらが良いのか調べる必要があると思います。

処分して引っ越し代は安くなったけど、新たに買ったら高くついたでは意味がないです。

・仕事
これはあまり心配していません。

何か手に職がってワケではなく、通ればの話ですが、働いている会社で沖縄にいくつか支店がります。

あくまでも、希望が通ればの話です。

でも、この希望がいつ叶うかが分からないんです。
希望を出したら、気長に待つしかありません。
ですが、まだ出してません。
出していない理由は、家族です。

家族からの反対。

僕は独り身ではないので、簡単に決めれない事があります。

それは、家族の事です。
自分勝手に決めれないですね。
キチンと理解してもらうのが大前提だと思っています。

・親
僕と妻の親を残して遠い地に行って良いのかと思っています。
僕には兄弟がいるのでまだ良いですが、妻は一人っ子なので気になりますね。

孫に会えないと言っていたのが気になります。

・家族
一番の難関が家族です。
僕にとって、ココが最大の難関ですね。

何故かと言うと既に反対されているからです。
妻は反対するの分かっていたんです。

移住の考えを理解はしてくれていますが、やはり現実を見ると反対だそうです。
子供が三人いる、仕事がすぐに見つかるかが不安なんだそうです。

あとは、転勤した際に、僕の給料が下がってしまうかもしれないと思っているそうです。

多少下がるかもしれないけど、下がってもほんの少しと説明しているのですが、中々理解してもらえないです。

まぁ、旦那の給料が下がるかもしれないところに、わざわざ行きたいなんて思う人は少ないでしょうね。

妻の反対は予想していたものの、意外な伏兵がいました。
小学6年生の上の子。

沖縄が大好きだから、猛反対されるとは思っていませんでした。
「友達と離れるのがイヤだけど、いーよ」って、なるかな〜って楽観視していたんです。

結果は猛反対でした。
まあ、それはそうですよね。
友達と離れたいなんて思うわけないです。
僕が小学生の頃に転校する際も、親に反対していた事を思い出しました。

まとめ。

現状で僕の意見だけ押し通せるような内容ではありません。

家族と一緒に移住するから意味があるわけで、一緒でなければ意味がありません。
反対されているので、今すぐに移住できるわけではありませんが、諦めるのは嫌ですね。

叶うのが遠い未来になるかもしれませんが、今出来ることをして、その時まで知識などを積み重ね準備をする。
出来ることはコレだけ。

あとは、旅行で行った時に生活する事を考えて動いてみようとも思っています。

移住してからも生活がある訳で、そこが一番大切な事だから焦って慌てて移住してもいいことはないはずです。

まずは、足元をしっかり見ていきます。

では、また〜。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。