きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

若い人にこそ読んでほしい!40歳を目前にして思い、伝えたいこと。

スポンサーリンク

フォローする
こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
僕にとって6月14日は特別な日です。
その日まで、1週間を切りました。
 
特別な日と言っても、待ち遠しいわけではない。
そう、その日は僕の誕生日。
それも40回目、イヤだな…。
 
今日は、残りわずかな30代を過ごしながら、40歳を迎えるにあたって、後悔というか、やっておけばよかったことなどを話していきます。
読んでくれた人には、僕と同じようにならないで欲しいかな。

 

あなたは、いくつ?

f:id:yokohamamegane:20170610094603j:plain

この記事を読んでくれているあなたは、いくつですか?10代?20代?それとも30代、もしくはそれより上なのかな?
 
今から話すことは、僕個人の考えかたや後悔したこと。だから、あなたに当てはまるかは分からない。でも、これから先の人生で当てはまるかもしれないから、読んでおいて損はないと思う。
 

思っていた以上に早かった。

f:id:yokohamamegane:20170610094631j:plain

40歳になるにあたって、思うことは早かった。とにかく早かった。こんなにも、早いなんて思わなかったです。
 
20歳の頃は、40歳のことなんて考えもしなかった。まぁ、ほとんどの人が、同じだと思う。
僕は20代半ばで結婚して、1人目の子供が産まれて、一緒に成長していったあたりから、時間が経つのが異様に早く感じるようになった。
 
とは言っても、時の流れの中にいるときは、早さなんて感じない。結果として、早さを感じてしまう。
今、この記事を読んでくれているあなたも、時間の速さは感じていないはず。読み終わってから何かして、しばらく経って時計を見て「もうこんな時間か」って、思った時に時間の速さを軽く感じるはずです。
 
今の僕は、その感覚が強い。
40歳になる前に思っていることは、一日一日を大事にしたほうがいい。無駄に過ごすことなく、大事にしたほうがいいって思っている。
 

一つでいい。

f:id:yokohamamegane:20170610094701j:plain

24時間全てを大事にと言っているわけではなく、極端に言えば数分でもいい。何か意味や意義のある一日だったと思えることを、一つでもいいからしたほうがいいです。
 
僕も20代の頃は、よかったです。
子供の頃からの夢を追いかけていたから、充実していた。辛くて苦しいときもあったけど、それでも楽しかった。
好きでやりたいことを追いかけていると、やっぱり楽しいですよね。
 
楽しさが勝っているから、辛くても頑張れます。日々やったって、大きく成長を感じることなんてあまりないです。でも、少なからず成長と言うか、レベルアップしているのを感じることはあります。そんな少しのことでいい。
 
他にも、料理ができるようになった、洗濯ができるようになった、新しいお店を知った、新しい友達ができた。何でもいいから、寝る前にでも、意義のある一日だったと思える日を増やすべき。
 

30代は腐りかけていた。

f:id:yokohamamegane:20170610094746j:plain

追いかけていた夢が叶わず、仕事に打ち込んだ。仕事、仕事の日々。そうしたら、段々と役職が上がっていった。必然的に、任される仕事も多くなった。やれることも少しずつ増えていったんですよね。
 
やれることが増えたから、仕事にやりがいはあった。だけど働けば働くほど家にいる時間は少なくなり、妻や子供との会話も減り、自分の好きなこと、やりたいことをする時間も減った。会社から寝に帰るだけの毎日だったんです。
 
でも、長い時間残業もするから、給料も周りよりも多く貰える。生活もよくなる、家族も喜ぶ。それはそれで嬉しい。
だけど、本当にこれで良いのか悩んだ。
お金は確かに欲しい、でも、好きなこともやれない人生が、一生続いてもいいのかと悩んだ。
考えた結果は、「違うよね、やっぱり」
 
お金はあるに越したことはない。だけどそれよりも大切なことが僕にはあって、それは家族と時間。
今しか過ごすことのできない、有限の時間を無駄に過ごしたくないと思った。
 

時間は有限。

f:id:yokohamamegane:20170610094817j:plain

「歳をとってから時間なんてタップリある」なんてことを言う人もいるし、20代の頃は僕もそう思っていました。
 
確かに、定年後に時間はたくさんある。
でも、本当はそうじゃない。
その時にしかできないことがあるわけで、それが60や70歳でできるかと言えば、できるとは限らないです。
 
それに、子供はいつまでも子供ではない。幼い時は幼い時の、大きくなった時は大きくなった時の過ごしかたがあります。
 
その時々で、大切にしないといけない時間があって、それに気付けずに、30代の僕はたくさんの時間を無駄にし、仕事に多くの時間を使い、むしばまれていった。
 
仕事、家族、自分の時間。この順序を変えないといけないです。
仕事は一番最後でいいと、近頃思います。
 
仕事って勤めている時はいいんですよね。
頑張れば頑張っただけ、評価が上がるから。
でも、定年後にその評価は価値のないものになります。サラリーマン時代の役職なんてのも、役に立たなくなります。
 
仕事だけに打ち込んできた人は、定年後何も残らないと思う。空っぽなんじゃないかな。
そんな人達を、僕は会社でたくさん見てきました。何もすることもない、誰もいない。そんな毎日を過ごしていると聞いたこともあります。
 
寂しすぎますよね、そんなの。
僕は、嫌ですね。嫌すぎます。
何も残らないなんて。
 

それに気付けた30代後半。

f:id:yokohamamegane:20170610094905j:plain

そこから、少しずつ変えていきました。
過去記事でも話しましたが、一番多かった時で150時間以上、休日出勤もしていたし、平均して70時間ぐらいやっていた残業も、今では30時間ぐらい。
その時間を、妻や子供と過ごす時間に使っています。それ以外にも、自分のやりたいこともできるようになりました。
ブログの記事も、その時間で書けています。
友人と出掛けたり、趣味の写真を撮りに行くことだってできる。
給料は減った。でも、それ以上に減らしてはいけないものを、こぼすことがなくなった。
 
「人生は1度きり。悔いのないように」
僕は、この言葉の通りにできていない。後悔を何度もしてきた。学ばなかったからかもしれない。うーん、なんか違う。学びはした、凄く。ただ、人生を楽しむってことに対して、学ぶ機会が極端に少なかったと思う。自分から取りに行かなかったのが、原因だと思っている。
 
20代のほとんどを夢を叶えるために使っていたから、友達と旅行に行くこともほとんどなかった。働きながら勉強し、結婚し、子供が生まれ、より叶えるための勉強時間を確保しようとした。30代は、とにかく仕事だらけだった。外に目を向ける、外に出ることが少なかったです。
 

取捨選択を間違えない。

f:id:yokohamamegane:20170610095111j:plain

今だから思えますが、もっと外に目を向け、外に出ないと行けなかったです。行きたいところには行き、欲しいものは買う。これが足りてなかったです。頭デッカチの薄っぺらい奴でしかなかったと思います。
 
勘違いしないで欲しいのが、浪費をしろといっているわけではないです。取捨選択を正しくってこと。自分に必要だと思ったことには、お金を使ってでも学び、必要ないと思ったものには、お金は使わない。ただなら、学んでもいい。
 
要は、有限の時間を使って稼いだお金は、有意義に使うことが必要。人生を楽しむための勉強も同じ。自分のためになるなら、有り金はたいて、世界一周したっていい。なんだっていい。必要だと思うことに、出し惜しみをしてもなんの意味もない。そこから、大きくなればいいんだから。
 
だけど、その辺りのことに気付いた30代後半では「少し遅かったな」って思っています。自分だけではなくて、守らないといけない家族もいます。僕のことだけ、優先するわけにはいかないですからね。
そうなると、できることとできないことが出てくる。そこでやっぱり「やっておけばよかったな」って思うときもあるんです。
 

30代後半、遅いようで遅くない。

f:id:yokohamamegane:20170610094947j:plain

今の現状でやれないことは多くあります。
でも、やれることも多くある。
ここ数年で、色々とやったし行ってみた。たくさんではないですけど、今まで経験したことないこと、見たことないことを、一つ一つ少しずつ体験した。スプレーアート、バンジージャンプ、シーカヤック、ラフティング、長距離トラック、レジ打ち体験などなど。
 
やろうと思って行動すれば、色々できることを知りました。長距離トラックは隣に乗っているだけでしたが、どんな一日なのかが分かって楽しかったし、レジもコンビニ経営している友達に一日やらせてもらった。お金は貰えないけど、経験を貰えるのは嬉しいし、楽しい。
やろうと思えば、できるものだと改めて知ったし、いい経験ができました。
 

40歳になるにあたって。

f:id:yokohamamegane:20170610095029j:plain

冒頭で、40歳になりたくないと話しましたが、時間は止まりもしない、戻すこともできない。進むことしかできないので、40歳になるのを止めることはできません。
できることなら戻ってやり直したいって思いもありますが、進むしかないんですよね。
 
夢を追いかけたこと、仕事に打ち込んだことは無駄だとは思はないけど、20代、30代で足りていなかったことは、外を見ること、経験すること。
40代は、時間を大切に使いたいです。
以前みたいな使い方はしたくない。やりたいこと、行きたいところは、ドンドンやっていく。
 
でも、こうやってブログで記事にして、読者の方に伝えることができているので、無駄だと思えていた時間も、無駄ではなかったのかもしれないです。
そう思いたいだけかもしれないですけどね…。
 
ただ、読んでくれている方には、僕みたいな後悔をしないようにしてもらいたいです。
40歳を目前にして、こんな風に思うことのないようにしてもらいたいです。30でも、50でも、60でも同じかな。年を取れば取るほど、取り戻すのは大変になりますからね。
時間は有限。その時にしかできないことがたくさんある。それだけは忘れないでほしいです。
 
長くなったので、そろそろ終わります。
一人でも多くの方に読んでもらい、心に届いてくれたら嬉しいです。
 
 
では、また〜。
 
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
 
BT×