きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

趣味がなくなっていく。不安で辛い毎日だった。

スポンサーリンク

フォローする

f:id:yokohamamegane:20170210214152j:plain

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
趣味って何かありますか?
 
僕には趣味がいくつかあります。
サッカー、スノボー、写真を撮るなど細かいものまで数えると色々あります。
 
でも、この趣味がまったくできなくなってしまった時期がありました。
原因は仕事でした。
 
趣味って、思っている以上に生活に潤いを与えてくれるものでした。

 

 
仕事だけの何もない日々。
 

f:id:yokohamamegane:20170210214211j:plain

数年前までの僕は将来に不安でした。
お金とかに不安じゃなくて、そう遠くない自分自身に不安だった。
毎日毎日仕事に追われて、家には寝に帰っているだけの生活。
 
帰ってから好きなことをやる気にもなれなくて、趣味って言えていたものが失われていっているような気がして不安でした。
 
僕はこのまま定年まで仕事だけに生きていくんだろうか。
定年を迎えた後に何をするんだろう。
その頃には趣味がなくなっていて何もすることがないんじゃないか。
そんなことばかり思っていました。
 
なぜ思っていたかと言うと、趣味や好きなことを聞かれても即答できなくなっていたからです。
以前なら即答できていたことができない。
 
趣味等を聞かれたときに思っていたことは、
「あれも好きだけど最近やっていないし、あっちは趣味って言っていたけど最近やっていないしな」
こんな風になると、何もしていない何もない自分に気が付いてしまいます。
仕事だけの自分ですよ、何もないんです。
趣味と言うのは簡単。
でも、その趣味に時間を使ったのが一体いつなのかが分からなくなってしまうぐらいになっていました。
 
本当に仕事って趣味になるの?
 

f:id:yokohamamegane:20170210214233j:plain

世の中には「仕事が趣味」って言う人がいますよね。
「仕事が好きで頑張っている人」だと思います。
僕は仕事を趣味とは言えないです。
 
趣味って楽しいからやるわけで、つまらなかったり飽きたりした時に、やめて休んでいいもの。
イヤイヤ続けないといけないものではない。
だから仕事が趣味って違うと思うし、趣味なんて言えない。
 
そもそも定年退職でもなんでも、仕事を辞めたら趣味がなくなるわけですよね。
なくなる趣味ってなんなんだろう。
自分でやめようと思ってやらなくなるならいいと思う、自分が決めたことだから。
 
でも、定年という制度の下では「自分はまだやれるし、やりたい」と思っていてもできなくなってしまいます。
退職したらやることができない趣味。
辞めたあと、自分の中に何が残るんだろう。
 
たぶん過去に頑張った栄光しか残らない。
「俺は仕事を趣味として頑張ってきて、昔こんなことをしてきんだよ」
 
「じゃあ今の趣味は?」
何かあるなら答えられる。
でも、それだけで過ごしてきた人には答えられなくなる。
 
そんな風にはなりたくないです。
そして、過去のことにしがみつくことしかできないのもイヤです。
 
何か探さないと、自己満足でもいいから即答できる何かを見つけないと、自分がダメになっていくだけにしか思えませんでした。
 
僕だけじゃない、みんな同じ。
 

f:id:yokohamamegane:20170210214248j:plain

歳を重ねてから自分に合った趣味を見つけるのは難しいような気がしてしまいます。
何年も続けていれば、それを引続きすればいいだけ。
でも、そうでなければ新しいことを始めるのは難しいはず。
 
たくさんの中から見つけたものではなく、少ない中から見つけることになってしまうと思う。
それが本当に自分に合ったものなのかも分からない。
他にも、もっと自分に合ったものに出会えていたかもしれない。
 
会社という看板を外し、一個人として生きるしかなくなった時に、何もないのは悲しすぎる。
その日を迎えた時に、「僕は何かを持っていることができているのか」と不安でした。
 
そして色々なことを仕事のせいにしてきました。
「帰ってからと休みの日にも、何もする気が起きないのは忙しすぎる仕事のせいだ」
 
じゃあ「辞めて自由になればいい」と思うこともあった。
でも家族がいるのに、そんな簡単に辞めることはできなかったです。
たぶん、僕だけじゃなく周りのたくさんのサラリーマンも同じなんだと思う。
同じようなことを思いながら働いている人がいるのは間違いない。
自分だけじゃないと思うようにしていました。
 
現実逃避。
 

f:id:yokohamamegane:20170210214306j:plain

そうは思いながらも、だんだんとイヤな気持ちが強くなっていきました。
でも、一つ気付いたことがありました。
今の仕事は嫌いではなかったこと。だけど好きでもない。
 
自分の好きなことができないだけで、こんなにも暗い気持ちになるなんて思ってもいなかったです。
そして僕は以前から大好きだった沖縄に行きたくなった。
正確に言えば、「逃げたかった」が正しいのかもしれません。
 
そんな風に思ってしまうと、もう沖縄のことしか考えられない。
沖縄に移住して暮らしたいと思うようになっていました。
 
それから僕は毎日、沖縄の情報をインターネットで貪るように見ていました。
 
ブログとの本当の出会い。
 
この頃に初めてブログを意識して読みました。
ブログの存在は知っていたし、過去に単発でも読んでいたはずです。
でも、誰かのブログを続けて読んだのは初めてでした。
 
出会ったブログは、関東から沖縄に移住した人のブログ。
それを読んで移住を本気で考えるようになった。
沖縄なら大好きな綺麗な海が毎日見れる。
そう思って結果は分かっていたけど、家族にも相談しました。
大反対されましたけどね。
 
でも、諦めることができなくて、毎日同じブログを読んだ。
たぶん3回は最初から読んだと思う。
そして、違うブロガーさんの記事も並行して読むようになり、自分の生活にブログが入ってくるようになりました。
 
ココロの変化。
 

f:id:yokohamamegane:20170210214340j:plain

読むだけの生活をしていましたが、変わったことがあります。
ブログを読んで元気を貰っていることに気付いたんですよね。
そして沖縄の移住についても、逃げたいって思いながら行っても失敗していたと思うようになっていたんです。
 
これには理由がはっきりとしていませんが、やっぱり仕事が原因だったと思う。
家にいるよりも職場にいる時間が長い毎日。
関わってくる人間が同じなら、入ってくる情報にも偏りがあります。
それって気持ちに余裕がなくなります。
 
たくさんのブログを読んで、たくさんの考えかたに出会って気持ちに余裕ができたんだと思っています。
そして、自分も「情報を発信してみたい」って思うようになっていました。
 
ブログでお金を稼げることも知りました。
簡単に稼げるものではないと理解もしていましたが、多少なり稼げるようになりたい。
もし稼げるようになったら、「沖縄に行く資金としてもいいし、好きなように使ってもいいお金とし、今の生活を変えるために使おう」と思ってブログを始めました。
 
自信を持って言えること。
 

f:id:yokohamamegane:20170210214404j:plain

そんな動機で始めたブログ。
収益を出すことは頭の中にありました。
 
始めてから思ったこと。
「とにかく楽しい」
ブログを書くことがこんなにも楽しいことだなんて思ってもいませんでした。
仕事をしながら、いつでも書くことができる新しい趣味を見つけた感じでした。
 
でも、書いてもPVが伸びない、そして孤独でした。
次第に1ヶ月に書く記事の本数が減っていった。
酷いときは1本だけ。
 
その孤独感を拭うために、気になっていた「はてなブログ」へ引っ越しました。
そして僕はブログの楽しさを再認識しました。
 
書くことによって、反応を貰えるのがうれしかったです。
訪問してくれればPVとして数字が残ります。
livedoorブログの時にも数字として反応は見れました。
でも、それって数字にしか見えないんですよね。
もしくは棒グラフ。
 
訪問して読んでくれた人が残してくれる、スターやコメント、読者登録。
数字としてだけでなく、しっかりと訪問してくれた『人』として見ることができた。
これが、何よりもうれしく楽しかったです。
 
サッカーで点を取る、スノボーで技を決める、それとは違うけど同じような感覚の高揚感を味わえた。
 
考えること、書くことがこんなにも楽しいことだとは知らなかったです。
はてなに引っ越してブログの楽しさを少しですが知ることができました。
 
自信を持って「趣味」って言えるものができましたね。
 
自分がやっていなかっただけ。
 

f:id:yokohamamegane:20170210214429j:plain

ブログを趣味と言える気持ちはありますが、実際に言ったことはないですね。
身バレしてしまいますので。
ですが、不安になることはなくなりました。
 
特別な道具を必要としない趣味です。
やるたびにお金のかかる趣味ではないです。
スマホがあればできてしまう趣味です。
 
場所や時間を選びません。
ここが一番大きいです。
 
そしてブログを書くためには、何かをしないと書けない時もあります。
情報や体験しないといけないですよね。
 
体験すること、知ることの全てが貴重なものとなっていきます。
そして、考えるから自分のものになり、成長していくことが実感できます。
 
今まで時間がなく、好きなことができないと言い訳をしていましたが、本当はそうではなかったです。
自分が考え動いていなかっただけでした。
 
ブログを始めてたくさんの人たちを知り、刺激をもらいました。
そして自分が書くことによって、また誰かに刺激を与えることができているかもしれない。
そんなことを考えるだけで、モチベーションがあがります。
 
それって凄いことだと思いませんか?
見ず知らずの人の役に立っているかもしれないって。
 
ブログってヤバいですよ。
凄いです。
 
まとめ。
 
趣味があって、それをすることができるのか、それともできないのかで日々の生活は変わってきます。
少なからず、今より先も変わってくると思っています。
 
「たかが趣味」と思わずに、やるべきです。
必ず自分自身に必要になってきます。
そして、いつか役に立つ日が来るはずです。
 
趣味を持つことって、思っている以上に大切なことでした。
 
 
では、また〜。
 
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
 
BT◯