きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

子供連れ家族旅行で、伊豆下田に泊まるならホテル伊豆急がおすすめ。

スポンサーリンク

フォローする
こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
先日、伊豆白浜海岸にあるホテル伊豆急に子供連れで泊まってきました。
二泊三日で利用しましたが、凄く満足できるホテルでした。
 
白浜海岸とその周辺にあるホテルは何度か利用したことがありますが、ホテル伊豆急は初めての利用でしたが、思っていた以上によかったです。
子供たちも楽しかったようで「また行きたい」と言っているぐらいです。
僕自身も、また利用してもいいと思えるホテルでした。

今回は、ホテル伊豆急のおすすめポイントを話していきます。

 

ホテル伊豆急の場所はどこ?

おすすめポイントを話す前に、ホテル伊豆急の場所を話します。
ホテル伊豆急は、名前のとおり伊豆にあります。
詳しく書くと、静岡県下田市白浜になります。
 
下田市は歴史の授業で習う、あの下田です。
江戸末期にペリー提督が黒船に乗ってやってきたところですね。
 
そして白浜。
住所になってしまっていますが、海岸の砂が白くて有名なんです。
実際に見ると、白くて本当に綺麗なんですよね。
 

僕の住んでいる横浜からだと、車で約2時間40分で到着します。
電車だと、横浜駅から伊豆急下田駅まで約3時間40分ほどで到着します。 

少し遠いですけど、とってもいいところです。
 

白浜大浜海水浴場が目の前にあるからおすすめ。

今回泊まる場所を選ぶにあたって一番重要視したのが、海水浴場が近いかどうか。
 
子供がいると、海が遠いのは色々と面倒。
近いのが一番です。
 
下田近郊で海が近いホテルって、たくさんありそうだけど、そんなにないんですよね。
下田プリンスや下田ビューホテル、下田聚楽、下田ベイクロシオ、下田東急などなど、あるにはあるんですけどね。
 
下田聚楽や下田ベイクロシオの前にある海は海水浴場ではないし、下田ビューホテルと下田東急は少し歩くんです。
 
下田プリンスは、オンザビーチだから最高の立地なんですけど、数年前に泊まった時の印象があまりよくなかった。
 
そうなると、ホテル伊豆急しかなかったんですよね。正直なところ、消去法でした。
 
でも、間違いではなかったですね。
海水浴場は、ホテル敷地前に走る国道135号線を渡ればすぐです。
徒歩2分で、きれいな海に到着です。

食事がおいしかったからおすすめ。

旅行に行ったら、やっぱり食事は重要です。
リゾートホテルの食事って、経験上当たり外れがあります。
当たり障りのない、どこにでもあるようなメニューしかないホテルもあります。
 
ホテル伊豆急の食事は、和食か和洋のバイキングでしたが十分楽しめて満足できる食事でした。
今回1泊目が和食プラン、2泊目がバイキングプランと、1泊ずつ違うプランで予約し利用しました。
 
まず、和食プラン。


基本となる和食御膳が用意されていました。
これ以外に、お刺身とご飯、お吸い物があとから運ばれてきます。


ふたがされている料理が気になりますね。
開けてみると.....、

ちゃんと伊豆名物の金目鯛もありました。
これ以外に、お刺身とご飯、お吸い物があとから運ばれてきます。


これだけでもおなかいっぱいになります。

そして、何やらカードが3枚。
このカード、御膳の他にオプションで3品選べるものだそうです。

選ぶ料理は多くはありませんが、ステーキやてんぷら、伊豆白浜名物さんま寿司など数種類から選ぶことができました。

カードは大人が3枚で子供は2枚、メインは1枚必要で、デザートは1枚で2種類選ぶことができました。
 
この方式は初めてで、おもしろかったですね。
和食プランだから、用意されているものだけだと思っていたので、うれしいサプライズでした。

子供にはビーフシチューやグラタンなど、子供なら喜んで食べるものが用意されていました。


子供にはかなりボリュームがありました。

和洋バイキングは、種類も豊富でよかったですね。
刺身があったり、カニの出汁が効いたみそ汁、そしてこちらにもステーキとてんぷら。
 
てんぷらですが、大抵サツマイモやエビなどが出てくることが多いですが、ホテル伊豆急も同じなんですけど、小アジのてんぷらがありました。
小アジのてんぷらが出てくるホテルは珍しいです。
今まで泊まったホテルにはなかったですね。
 
朝食は2回ともほとんど変わらないメニューでしたが、ワカメのしゃぶしゃぶや海藻を練りこんだそうめんなど珍しいものもあって、楽しい食事ができましたね。

連泊すると、どうしても食事か同じで飽きてしまいがちですが、違う食事プランが用意されているのはうれしいですね。
 
1泊ずつ違うプランで予約なんてのもおすすめです。

畳の部屋でのんびりできるからおすすめ。


出典:ホテル伊豆急公式HP


今回用意されていたのは和室でした。
リゾートホテルで和室に泊まったのは初めてだったので、なんだか新鮮でした。
 
広さは10畳ぐらいだったので、凄く広い部屋ではありませんが、洋室と違ってベッドがないので、広々と使うことができました。
 
和室の最大のメリットは、布団を敷いていなければ、部屋を広く使えることですよね。
 
広々と使えたので、子供たちも自由にのんびりとできたので喜んでいましたし、海とプールで遊んで疲れた体には、畳の上に大の字で寝転がれるのは嬉しいです。
 
ホテル伊豆急には洋室もありますが、たまには和室の部屋もいいなと思いました。
 

それと、今回は部屋が2階のはじだったので、オーシャンビューではありましたがそれほど海は見えませんでした。
 
高層階だと、きれいな海が部屋から見えると思います。
 

大きなプールがあるからおすすめ。

ホテル伊豆急には、四角と丸のプールがあります。
四角いほうが深さのあるプールで、丸いほうが浅いプールになっています。

プールの敷地は広く、プールサイドにはパラソルとチェアーがたくさんあるので、快適に過ごすことができます。

プールしかないホテルだと混雑していますが、ホテル伊豆急の目の前にはきれいな海があります。
海に入る方が多いので、プールはそれほど混んでいません。

 
プールの利用客は小さな子供が多かったですね。
我が家は、下の子供2人がまだ海が苦手なのでプールにいる時間が長かったです。
 
浅い丸型のプールは4分の3が約80㎝、4分の1が約40㎝の深さになっています。
40㎝と80㎝の境にはしっかりと柵もありますので、小さな子供のいる家族でも安心して遊ばせることができると思います。
 
今回は、プール→海→プール→お風呂の流れで遊んできましたが、動線がきれいに取れるのもよかったです。

大浴場が気持ちよかったからおすすめ。

伊豆と言ったら、やっぱり温泉ですよね。
温泉を楽しみに旅行をする人も多いはず。僕も温泉は楽しみにしています。
 
ホテル伊豆急のお風呂は、内風呂に通常のものと泡風呂の2種類、露天風呂が1種類の計3種類になります。
ちょっと少なめですが、露天風呂は気持ちよかったですね。

f:id:yokohamamegane:20170901004247j:plain
出典:ホテル伊豆急公式HP


半分屋根があって、屋根のないほうで青空の下で入るお風呂は気持ちよさが違います。
僕が住んでいる横浜と比べて、空の青さが違うんですよね。
青が濃いです。
 
きれいな青空を見ながら入るお風呂は、格別でした。
 


出典:ホテル伊豆急公式HP

もちろん内風呂も最高に気分よく入ることができました。

それと前段でお話ししましたが、プールのすぐ近くにお風呂があるのがよかったです。ホテルから海に行く一番の近道は、プール横にある通路から行く道。

帰りもその道を通ってホテルに戻るので、館内に入ったときに最初にあるのがお風呂。プールにあるシャワーで砂を落として、そのままお風呂に行けるのがラクでした。
タオルはお風呂に用意してあるので、少ない荷物で済むのもよかったです。

ホテルの前に広がる海がきれい。

ホテル伊豆急の最大のウリだと思える、白浜大浜海水浴場が目の前にあります。
 
白浜の海は、環境省の海水浴場水質調査でAA(ダブル・エー)の評価になっています。
過去には、AAA(トリプル・エー)の評価も受けています。
 
AAAって凄いんですよ。
日本全国800以上ある海水浴場の中から、10〜20ぐらいしか選ばれないんです。
 
そんなきれいな水質の海が目の前に広がってるホテルなんて、そんなにないです。
 
どれぐらいきれいかは、写真見てもらうと分かると思います。

子供には、見るからに汚い色の海よりも、きれいな海で遊ばせたいですよね。
泳げない子供も、波打ち際で浮き輪を使って遊べば楽しいこと間違いなし。
 
砂浜も白くてきれいな砂です。
砂場遊び用のスコップなどを持っていけば、楽しむこともできます。
 

そして丸で囲ったあたりに、岩場があります。
深さは1〜2mぐらい。
魚がたくさんいて、シューノーケリングにもってこいの場所です。
 

 
ただし、岩に当たった波が強いと引っ張られる時がありますので要注意です。
泳ぎが得意な方でも、ライフジャケットを着用したほうがいいですね。
 

ホテルから朝日を見ることができるからおすすめ。

白浜海岸は、東側に位置しています。
伊豆は東は朝日、西は夕日がきれいに見れます。
 
ホテル伊豆急からは、朝日がきれいに見えますよ。
 
ホテルロビーには、日の出の時間が5時10分と書いてあるボードがあったので5時に目覚ましをセットしました。
 
でも、見事に寝坊し5時15分に起きました。
 
カメラを持ち外に出ようと、ロビーに行くと…、

大きな窓から、きれいな朝日が見えました。
海岸まで行かなくても、涼しい場所で朝日を見ることができるんです。

 
でも、やっぱり海岸から見たいので行ってみました。

うーん、やっぱりきれいです。
海と太陽って、なんでこんなにも相性がいいんでしょうね。
 
それと、もう一つ。
ホテル伊豆急から歩いて5分ぐらいの場所に「見晴広場」ってところがあります。
 
そこから見る景色もきれいなんだろうと思い行ってみたら、

やっぱりきれいでした。
真正面ではなく、少し斜めから見るのもいいですね。
朝早く起きた甲斐がありました。

 
徒歩5分以内で、こんなにもきれいな景色が見れるのはうれしいです。
 
海岸には、子供を連れた家族やカップルなど結構いましたが、大切な人と素晴らしい景色を見れるのはいい思い出になること間違いなしです。

星が凄くきれいだからおすすめ。

ホテル伊豆急から車で約10分の場所に「爪木崎自然公園」があります。

 
ここで見る星が凄いんです。
本当にきれいでした。
 
当たり前ですが、現地は暗いです。
当日は人もいなくて、少し怖いくらい。
 
でも、車から降りて夜空を見上げて思わず声が出てしまいました。
「スゲー」って。
 
見上げた先には、数えることなんてできない星。
肉眼で久しぶりに見ることができた天の川。
 
とにかく素晴らしい星空でした。
 
写真は下手すぎて見せることができないので、代わりにこちらのサイトをご紹介させていただきます。

www.mitsubishi-motors.com

ホテルスタッフが親切だからおすすめ。

僕が利用したホテルを評価する中で一番気にするところが、ホテルスタッフの対応です。

 
凄く高級で、部屋がきれいで、ご飯がおいしくても、スタッフのたった1回の言動でいいイメージが壊れてしまうことがあります。
 
ホテル伊豆急のスタッフさんは、まったく問題なかったです。
むしろ対応がよかったです。
とにかく笑顔で対応してくれました。
 
当たり前のことができていないホテルもある中で、気持ちよく過ごすことができたので、スタッフさんたちには本当に感謝しています。
 
特にドアマンの笑顔が素敵でした。
 

まとめ。

ホテル伊豆急のおすすめポイントを話しましたが、僕はまた利用したいと思いました。
消去法で選んでしまいましたが、利用して正解でした。

子供たちがよろこんでくれたのがうれしかったですね。

観光する場所もホテル近くにたくさんあるので、一年中いつ利用してもおすすめできるホテルだと思います。

伊豆旅行で下田に宿泊することを考えている方には、ぜひおすすめしたいホテルでした。

 
では、また〜。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。