きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

壊れたレイのライトセイバーは直す?探す?作る?映画「スターウォーズ 最後のジェダイ」を見て次作の考察と感想。

スポンサーリンク

フォローする

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
12月15日、待ちに待った「スターウォーズ 最後のジェダイ」が公開されました。
 
レイのフォースが本格的に覚醒して、凄いことになっていました。
記事の題名にもなっていますが、レイが使っているライトセイバーが壊れてしまうんですよね。
 
これ以上は、まだ見ていない方が読んでしまうとネタバレになってしまうので、この後に書いていきます。

次作で壊れたライトセイバーが直るのか、そもそもライトセイバーのない状態で話が進んでいくのか?
今後のレイのライトセイバーについて考察していきたいと思います。

 

レイのライトセイバーが真っ二つになってしまった!シーンのおさらい。

 
 

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

 
映画「スターウォーズ 最後のジェダイ」でレイとカイロ・レンがフォースを使って、レイのライトセイバーを奪い合うシーンがありました。
 
レイのフォースが想像していた以上に強く、カイロ・レンのフォースと互角でしたよね。
 
結果、綱引き状態になり真っ二つになってしまいましたが、終盤のシーンでレイが真っ二つになったライトセイバーを大切そうに持っていました。
 
ここまでは映画を見た方なら分かる内容ですね

次作でライトセイバーはどうなってしまうのか。修理するのか?ないまま闘うのか?

映画スターウォーズ9では、壊れてしまったレイのライトセイバーがどうなるのかが気になりますよね。
 
ここで僕が思った今後の展開は3つ。
・レイのライトセイバーを直す。
・新しい別のライトセイバーを手に入れる。
・ライトセイバーなしでフォースのみで闘う。
この思いついた3種類を考えてみました。
 

1.レイのライトセイバーを直す。

レイは育った惑星ジャクーで墜落した戦艦などから使える部品を取っては売る、廃品回収業者のような仕事をしながら生活していました
 
住んでる家も大型歩行兵器であるAT-ATウォーカーの残骸に住んでいたので、普段から機械に慣れ親しんでいることが伺えます。
 
それと、前作でミレニアム・ファルコンを修理し、手際のよさからハン・ソロに乗組員の誘いを受けています。
 
機械に強いレイなら、壊れたライトセイバーを直せるのではないかと思います。

2.新しい別のライトセイバーを手に入れる。

壊れてしまったライトセイバーは、元々ルーク・スカイウォーカーが使っていたものです。
 
そしてそのライトセイバーが保管されていたのが、マズ・カナタの城。
 
マズの城は、前作でファースト・オーダーの攻撃を受けて破壊されてしまっていますが、今作「スターウォーズ最後のジェダイ」では労使交渉と言葉を発しながら、誰かと戦っていました。
 
それが誰かは分かりませんが、もしかしたら過去の作品に出てきたジェダイの残したライトセイバーに関係しているのかなとも思います。
 
エピソード2では、グリーバス将軍が自分が倒したジェダイのライトセイバーを4本持っていました。
 
エピソード3では、クローン兵の裏切りに会い各惑星に派遣されていたジェダイが次々とやられています。
 
そのライトセイバーは、いったいどこにあるのかは、今までのストーリーでは語られていません。
 
そこを考えると、女海賊と呼ばれているマズが、目ぼしい場所を探している。
なんてことはないでしょうか。

3.ライトセイバーなしで、フォースのみで闘う。

うーん、これは正直なところないですよね。
スターウォーズの面白い部分が一つなくなってしまいます。
 
スターウォーズって、ライトセイバーとライトセイバーの剣戟が楽しいってあるじゃないですか。
 
ライトセイバーを持っていないレイが、フォースのみでカイロ・レンと闘うって無理があります。
 
でも、ルークからほんの少し、さわりだけフォースを教わって、ルークも驚くほどの力を持っているレイならいけそうな気もしますが、スターウォーズ的になしですね。 
 

スポンサーリンク 

3種類の考察の感想。

一応、3パターンを考えてみましたが、やっぱりどれも可能性はあっても低いですね。
 
1番目は、直すにもライトセイバーの構造を知らないと厳しいです。
 
どんなに機械に詳しくても、激しく壊れてしまったものを元どおりに直すのは至難の技です。
 
2番目は、倒されてしまったジェダイのライトセイバーがどこかにあるのは間違いないと思います。
 
ですが、広大な銀河でどの惑星にジェダイが派遣されていたかを調べるのは、長く生きているマズでも見つけ出すのは厳しいのかなと思います。
 
それに、ジェダイの騎士が倒されてから30年以上経っています。
放置されていたライトセイバーがまともに作動するのか疑問です。
 
それをレイが直して使うとかなら分かりますが、ちょっと無理がありますよね。
 
3番目は、もう説明不要ですね。
フォースだけで闘うと、もうスターウォーズって感じではないです。
完全に違う映画となってしまいます。
 
設定として、どれも可能性は低そうです。

現実味のある考察。次作でレイのライトセイバーは復活する。

 3種類のパターンと話しておきながら、一番現実味のあるものがあります。
ただこれは、僕が映画で見間違えていなければ一番現実味がある話の流れだと思います。
 
スターウォーズファンの方ならご存知のとおり、ライトセイバーはジェダイの訓練中に自分で作る設定になっていますよね。
 
その設定通り、ルークは自身でライトセイバーを作ったことになっています。
 
ルークはエピソード5でダースベイダーと闘い、その最中にライトセイバーを持った右手を切り落とされています。
右手とライトセイバーは行方不明になります。
 
その後、エピソード6では新しいライトセイバーを持っていますが、自身で作るシーンはカットされていました。
その時はヨーダや資料の力を借りて作っています。
 
最後のジェダイでは、ライトセイバーが壊れたあとにルークは亡くなっています。
それって、作りかたを知っている人がいない状態です。
 

資料もない、知っている人もいないのにライトセイバーを作るまでの考察。

 

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

 
何もない中で、レイは壊れたライトセイバーをどうやって作るのかが問題になってきます。
 
今作で「ジェダイの書」なるものが出てきます。
ルークが管理していて、レイがたまたま見つけたものですね。
その書の中にライトセイバーの作り方が書かれていると、僕は思っています。
 
でも、その書物はフォースと一体化したヨーダがルークの目の前で燃やしてしまっています。
 
でもですね、映画を見て思っていたんですけど、実はあの書物燃やされていないですよね?
 
レイがチューバッカと一緒に乗っていたミレニアム・ファルコンの中に写っていました。
 
レイが飛び立つ前に持ち去っていて、それを知っているヨーダがルークを笑っていたんだと思います。
 
「そんなの写っていなかった」
「ファルコン号に写っていた」
と、僕の周りでも見ている人と見ていない人がいるので、絶対とは言い切れないですが、同じものが写っていたはずです。
 
レイがライトセイバーを再度使うことを考えると、一番自然で納得のいく流れではないかと思います。
 
スポンサーリンク

 

まとめ。ライトセイバーは直すと言うよりも新しいものをレイが作る。

僕の結論は、「直す」ではなく「新しいものを作る」です。
先ほども話しましたが、一番しっくりきます。
 
そして真っ二つになったものを直すのは無理がありますし、マズが探して見つけるのも都合がよすぎる感じもします。
 
ジェダイの書に書かれているものを見ながら作る。
やっぱりこれだと思います。

今までレイが使っていたライトセイバーは下のようなものでした。
 
スタンダードな形状のものでした。
個人的には、次回作では少し違ったものを作ってしいですね。

例えば、レイは槍みたいなものを使っていました。 
 

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

こんなタイプのですね。
元々使っていたものに似ている形にしてくれないかなと思っています。

イメージ的にはエピソード1でダース・モールが使っていたものですね。
そんな感じになってくれると、また違ったスターウォーズが見れて楽しいかなとも思いました。 

レイのライトセイバー、読んでいただいたあなたはどう思いますか?
 
 
では、また〜。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。