きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

自分に自信が持てない人に知ってほしい、たった一つのこと。

スポンサーリンク

フォローする
こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
夢や目標を持っていると、楽しいと思える日が多いですよね。
 
でも、楽しいからと言って、毎日毎時間楽しいかと言えばそうでもないです。
楽しい中に、辛くキツイときもあります。
 
僕が子供の頃からの夢を追いかけていたときが、そんな複雑な思いを持っていた時期です。
 
子供の頃からの夢だった消防官。
叶えるために頑張った10年の間、どんなに勉強を頑張っても、どんなに体力トレーニングに励んでも、どうしても自信が持てなく不安になってしまったときがありました。
 
今回は、夢や目標に向かって頑張っているけど「自信が持てない」なんて思っているあなたに向けて話します。

 

僕の中から自信がなくなっていった。

僕が自信を持てなかったとき、それは夢だった消防官試験に合格できるかどうか不安でたまらなかったときです。
 
勤めていた仕事を辞めたときは、落ちることなんて考えもしていませんでした。
 
でも、本気で試験を受け、そして不合格になると、少しずつ、本当に少しずつ自信が削られていきました。
 
そんな状況になったのが、試験を受け始めて3年目。
 
1年目は筆記の一次試験で不合格。
2年目は体力と面接の二次試験で不合格。
3年目も二次試験で不合格。
 
「1〜2年目でステップアップしているから、今度こそ合格だ」
そんなことを思っていた3年目。
 
模擬試験で合格判定をもらっていたので、落ちたときは本当に落胆しました。
 
僕の中から自信というものが削られたときでした。

一度自信をなくすと、負のループに陥りやすい。

一度削られた自信はなかなか回復しません。
 
自信がなくなってくると、不思議と今まで解けていた問題も迷うようになり、不正解になっていきます。
 
自信のなさが不安を呼び、迷いを起こさせ、間違った判断をさせる。
そして、また自信がなくなる。
 
まさに、負のループです。
これは、試験だけでなくスポーツなどにも当てはまります。
 
うまくいっていたものが、何かのきっかけでうまくいかなくなることは、誰にでも起こりうることです。
経験された方も多くいるのではないかと思います。

自信を持つためにがむしゃらにやるのも大切だが、それ以上に大切なこと。

自信を回復するためには、ただがむしゃらに少しレベルの高いものを頑張ることも必要だと思います。
 
ひたすら頑張って頑張って頑張りまくって、行き着くところまで行って自信を取り戻すこともあります。
 
僕が高校生の頃、力を入れていたサッカーでうまくいかなかったときに、この方法で取り戻したことがあります。
 
でも、全てがこの方法でうまくいくかと言うと、そうでもないです。
 
もし、がむしゃらにやってうまくできなかったとき、さらに自信はなくなっていきます。
 
少しレベルの高いものや普通のレベルよりも、もっと簡単なことからやり直すことをおすすめします。

自信をなくす原因と自信を取り戻す方法。

極端な例えで話すなら、試験勉強では「1+1=2」、サッカーなら「ボールが蹴れた」ぐらい簡単なことからやり始めるといいです。
 
自信をなくす原因は、「できない」からです。
 
それなら確実に失敗しないことから始めて、絶対に「できる」ってことをやればいいです。
 
人って少しレベルの高いことに挑戦したがります。
多分、この記事を読んでいるあなたにも、一つや二つ経験があると思います。
 
夢や目標が高いレベルなのは構いません。
ですが、練習のときにレベルの高いことに挑戦し、失敗を繰り返せば自信をなくしイヤになります。
 
自信をなくしたときは、同じにならないよう簡単なことからやり、「できる」って経験を増やしていく。
そしてステップアップをしながら、自信を再度持ちなおすことが大切なことだと思います。
 
それが自信を取り戻す一番の近道です。

まとめ。

自信をなくしてしまうことは、誰にでもあります。
夢や目標追いかけているとき、スポーツや仕事を頑張ってるとき。

そんなときは、無理をせず「できること」からやるといいです。
できる経験を重ねていき、少しずつステップアップさせていくことが、自信が持てるようになる重要なことだと思います。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。