きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

予算ばかり気にした家には住みたくない。要望を伝えなくて、どーするの?

スポンサーリンク

フォローする

f:id:yokohamamegane:20170531234151j:plain

こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
「横浜市内で家を建てる。その28」です。
今回は家づくりをするうえで、注意したほうがいいと思ったことを話します。
 
この話を記事にしようと思ったのは、同じように家を建てている同僚と、お互いの打ち合わせの内容を話をして、「予算を気にしながらやっているから、なんとなく面白味がない」って聞いて、それを疑問に思ったからです。

 

面白味がないのに、住んで楽しいの?

家を建てるときって、当たり前ですが予算がありますよね。家の値段、外構の値段、家具の値段、引越しなどの値段。
 
色々なことを考えて、予算と相談しながら決めることが多いです。間取りなどの設計を決める打ち合わせのときにも、予算を考えることって多いです。
 
だけど、建てる前から予算ばかり気にして、「面白味がない」と思っている家に住んで、楽しいのかなと思ってしまいます。
 
人それぞれやりかたは違うと思いますが、僕は予算のことを一切考えずに、設計士さんや営業担当さんに要望を出しています。
 

予算を考えずに要望する理由。

f:id:yokohamamegane:20170620205150j:plain

考えないのには理由があって、以前担当の二人に質問しました。
 
「家を建てるにあたって、これから間取りや仕様などをたくさん決めていきますが、無理なこと、金銭的に厳しいかもしれないことをお願いするかもしれません。僕としては、その都度思いついたことをお願いしていきたいです。構造や規制で無理なことは、その場で言っていただいても構いませんが、予算のことについて最初は考えずに、後で削っていく進めかたをしたいです。それでも大丈夫ですか?」
 
担当からの返答は、
「それで構いません。時間もありますし、それに絶対に楽しいですよ、そのほうが。自分達らしい家ができますよ」
 
僕としては、構造や規制については素人なので分からないことが多いので、設計士さんの言葉に従います。
ですが、仕様や外構などは自分達が気に入ったもの、やりたいことをしていきたいです。
 
最初から予算を気にして進めていくと、最終的になんだか「パッ」としない家になってしまいそうに思えてならないです。
だから、今はとにかく多くの要望をしています。
 

出した要望の一例。

f:id:yokohamamegane:20170620205217j:plain

キッチンは大きいのにしてほしい。
屋根裏を作ってほしい。だけど、太陽光の搭載量が減るならいらない。
丸い窓をつけてほしい。
横長な窓をつけてほしい。
トイレはタンクレスで、手洗い場を作ってほしい。
残り湯を使いたいから、洗濯機の位置を変えてほしい。
ベランダを広くしてほしい。
ウッドデッキを作りたい。
 
これはお願いしている一部。
間違いなく、削らなくてはいけないものが出てきます。
すでに却下されてしまったものも数多くありますが、それはそれでOKなんです。
自分達が住む家だからこそ、たくさんの希望を話して、少しでも多く叶えたいんですよね。
 
でもですね、いつもお願いしているだけではないです。素人ながらも、「ここをこうすると、作ることってできません?」なんて提案もしたりします。
 
「あ〜、それはおもしろい考えかたですね。構造上も問題ないと思いますから、ちょっとやってみます」
なんてことで、提案が通ったこともあります。
 
お願いはたくさんする。でも、投げっぱなしにしない。提案して、一緒に考えるから楽しいです。
 

遠慮することはない。

こんな話をしておきながら、僕も簡単な要望しか出さずに聞いているだけの時がありました。
 
遠慮していました。
「ワガママばかり言って、困らせても悪い」と思っていたんですよね。
でも、自分達の家なんだから、多少ワガママを言うようにしました。
 
先ほども話しましたが、パッとしない家には住みたくないですからね。
 

まとめ。

f:id:yokohamamegane:20170620205118j:plain

以前の記事でも書きましたが、僕たちの家づくりは通常の人達よりも多くの時間があります。時間があるからできることなのかもしれません。
 
でも、完成した家に住むのは自分達です。
だからこそ、多くの希望を叶えたいんですよね。
 
注意する点は以下のとおり。
  1. 予算を考えずに要望を出す。
  2. 要望を出したら、一緒に考える。
  3. 最終的に、予算を考えながら取捨選択をする。
これだけで、だいぶ違うと思います。
全部叶わなくても、どこか一部分だけでもこだわった家に住みたいと、僕は思います。
 
では、また〜。
 
今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。
 
BT×