きっと誰かの役に立ってるさ

There is always light behind the clouds

自分で肩書きを口にする人ほど小物感がハンパない。

スポンサーリンク

フォローする
 
Evernote Camera Roll 20160409 071712.jpg
 
サラリーマンをやっていると、会社という組織に属しますよね。
そうなると、多かれ少なかれ会社での役職に触れる機会が多くなります。
 
こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。
 
この役職と言う肩書き、自分自身で口にする方に会うことありますが、小物だなと思ってしまいます。
 
肩書きは、組織的に必要なことです。
でも、その役職名を自分自身で言ってしまうのは、違うと思うんですよね。
 
聞かれれば別ですが、自分で発した言葉で納得させられず、役職名で納得させる。
会社ではよくある話かなと思います。

 

俺って偉いんだぜ!
 
僕の職場にもいますが、あなたの職場にもいませんか?
「俺は偉いんだぞオーラ」出してる人。


個人的にですが、そんな人に限って中身が伴っていない人が多いです。


凄く残念なことなんですが、「なんでこの人がこの役職なんだろ?」って思ってしまう人が、僕の勤める会社には多いです。


もしかしたら、僕も思われているかもしれませんね。


ただ、そうではない人もいます。
「この人凄いな」って人もいます。


中身が伴っている人、伴っていない人って何がちがうんでしょうね。
 
残念な人!
 
Evernote Camera Roll 20160409 070559.jpg

中身が伴っていない人に共通して言えることは、役職を口に出す人がとても多いです。


例えば『部長の俺が良いって言ってるんだ』など、肩書きを自分で言ったしまう人。
 
自分で言ってしまう人ほど残念な人はいません。


職場での役職に、自分という人間がついてると考えて動いている人が多いです。


そんな考え方なので、何をやるにも『上部が言っている』等、自分の逃げ道を作っています。


仕事に対する自分の信念がないので、考えることもあまりなく知識量が圧倒的に少ない人が多いです。


そうすると、業務に対する経験も少なくなります。


上部に言われた通りにやって、結果が出れば良いですが、何かイレギュラーが起きると対処や指示にブレが出ます。


結果的に中途半端になりやすく、上司として
魅力に欠ける人が多いです。
 
残念じゃない人!
 
Evernote Camera Roll 20160409 070649.jpg

 


残念な人と違って、役職を口に出さないです。
意識して口に出さないようにしてると思います。


職場でも、役職ではなく自分として仕事しています。


何をやるにしても、上部からの指示を解釈し、自分の仕事に対する信念に沿って行います。


部下に指示を出す時も明確で決してブレない。
自分の考えた通りに行うので、絶対に逃げ道は作りません。


考えた結果で動いているので、イレギュラーが起きても対処や指示が的確です。


また、考えれば人は成長します。
分からないことは聞いたり調べたりして、更に成長します。


自分という人間に、職場で役職がついてるだけと考えて動いています。


だからなのか、とても人望があり周りにいつも人がいます。
 
同じ役職なのに!
 
自分が過去に経験した残念な上司と、そうでない上司の言葉を思い出したので話します。


両人とも部長、違う内容ではありましたが重要度は同じ仕事でした。


『お前と打合せしたけど絶対に大丈夫なんだよな?失敗したら部長として責任を取ることになってしまう、絶対に成功させろ』


『君と打合せして俺の意向は伝えたし、あとは失敗しても俺が責任とるから自由にやって。ただし、途中報告は絶対な』

前者はやる気を失わせ、後者はやる気を引き出す言葉です。


同じ役職でもこんなに違うのかと思い知らされました。
経験している量と質が違うんでしょうね。
 
まとめ!
 
今回は肩書きについて話しましたが、肩書きにしがみついたり、寄り添っちゃう人ってどうするんですかね。


結局、肩書きなんて勤めてる時にしか役に立たないです。
退職した後、特に定年退職した後に役立つとは思えません。
知らない人からすれば『だから何?』です。


肩書きなんかを気にするよりも、どう生きていくかが重要なことだと思います。


仕事を通して、自分を成長させていく。
魅力のある人になっていく。


ココが大切なのかなと思います。
そうすれば必ず中身の伴った人、魅力のある人になれると思います。


では、また〜。