きっと誰かの役に立ってるさ

〜・気持ちがあれば変われるよ・〜

『いただきます』と『ごちそうさま』

スポンサーリンク

フォローする
yokohamamegane( ´ ▽ ` )ノです。

あなたは、食事の時に『いただきます』『ごちそうさま』と手を合わせて言っていますか?

子供の頃はやっていても、大人になると中々やらなかったりすることが多くなると思います。

自分も正直なところ、手を合わせてまでは最近やっていなかったです。
 

 

 

いただきますの意味!

『いただきます』には2つの意味があります。

一つ目は、いただく食事に携わった人への感謝の気持ちを表すことです。

食事をつくってくれた人、お米を育てた人、野菜を育てた人、魚や肉を獲ったり飼育してくれた人等への感謝の気持ちを表しています。

二つ目は、食材への感謝の気持ちを表すことです。

古くから日本では、魚や肉だけでなく野菜等にも命があると考えられていました。
『いただく生命を、自分の生命にさせていただきます』と食材に感謝していました。

どちらかと言えば、二つ目の方が本当の意味な気がします。

ごちそうさまの意味!

今度は『ごちそうさま』

『ごちそうさま』を漢字で書くと『御馳走様』
今は冷蔵庫やスーパーなどがあり、食材を揃えるのに凄く苦労することはあまりありません。

昔は食材を揃えるのに苦労したそうです。『馳走』は走りまわるという意味で、食事を出してもてなすために、色々なところへ食材を探しに奔走する様子を表しています。

『馳走』に丁寧語の『御』がつき『御馳走』となり、贅沢な料理でもてなすという意味も持つようにもなります。

『いただきます』と同様に、食事を準備してくれた人への感謝の気持ちを表し、『様』がつき『御馳走様』『御馳走様でした』と言うようになりました。

昔の話!

さて、今回なぜ『いただきます』と『ごちそうさま』の話しをするかと言うと、二つの意味の話しを思い出したからです。

この話しは自分が高校生の時に、古典の先生が教えてくれたものですね。
 
この先生、古典の授業に関係する雑学みたいなのを絡めてきて面白い先生でした。
 
当時は色々なことを『へ〜』と感心して聞いてました。
『いただきます』の意味を知らずに言っていたので、『ナルホドね』と聞いていた記憶があります。

で、この古典の先生の話しを思い出したのが、先日仕事で他社の方と食事をした時のことです。

綺麗ないただきます!

他社のAさんとBさんと自分の3名で食事をしました。
Aさんとは3回目、Bさんとは初対面で、AさんはBさんの先輩になります。

各々好きなものを頼み待っていると料理が運ばれてきました。
食べようとしたところ、Bさんが手を合わせて『いただきます』と言ったのです。
正直驚いてしまって、見てしまったんです。
 
するとAさんが
『すみません、こいついつもなんですよ。恥ずかしいから、やめろって言ってるんですけど』
『すみません。癖で...。』と、Bさん。

自分が驚いて見てしまったのは、背筋が伸びていて綺麗な佇まいで手を合わせてたこと。

凄く綺麗な『いただきます』でした。

恥ずかしい!

 同じように手を合わせて『ごちそうさま』もしていました。
それを見て完全にBさんの事が気に入ってしまいました。

彼の人柄が、それだけで分かる。
そんな感じでした。

『いただきます』『ごちそうさま』を見て気持ち良さを覚えたのは初めてでしたし、キッチリやっていない自分が恥ずかしく思えてしまいました。

多分、Aさんも同じ気持ちになるから、『やめろ』と言ってるのかとも思いました。

『いただきます』の時に謝っていましたが、全く謝る必要のない事です。

逆に、正しい事をしているのに謝らせてしまって、こちらがごめんなさいです。
 
癖と言っていましたが止める気はないだろうとも思いました。
子供の頃から親に厳しく言われてきたことの一つだそうです。
 
多分、彼の中での譲れないことの一つなんでしょう。
一本でも何か持っている人は素晴らしいと思います。

まとめ!


以前ニュースで、小学校の給食でお金を払っているのに『いただきます』と言わせるのはおかしいと言う親がいると話題になった事があります。

学校もそれに同調してなのか、続けることなく『いただきます』を止めたところがあるそうです。

そもそもの考え方が変だと思うし、子供達がかわいそうだなと思いました。
なぜ言うのかも知らずに育っていくのは哀しいことだとも思います。

お金を払っているとこではしないで良い、でも家ではしないといけない。

少し考えればおかしいとわかる。
でも、それが普通に実行されてしまう。

極端な話し、お金を払っていれば挨拶や礼儀を欠くことをしても良いと思えてしまう話です。

多分、そう主張する人に限って挨拶や礼儀を欠くことされたら凄くうるさいんだろうなとも思います。


『いただきます』や『ごちそうさま』をしないからって、その人を否定はしません。
その人の全てが決まるわけではありませんし。

ですが、出来る方が良い。

挨拶や礼儀がしっかりできる人とはそれだけで今後も付き合いを続けたいです。

年齢関係なく、どんな事でも自分が持っていない、やっていない事をしている人を見ると良い刺激になります。

なんだか忘れてた大切な事を思い出させられた出来事でした。


では、また〜。‌